SHARE

コンニチハ、ワタシの名前はタイムトラベラー・ルミですヨ。あの頃に戻って人気の記事をピックアップ、編集・修正して改めてご紹介しますヨ。今回はさかのぼること2013年7月1日から、気になる記事を拾ってきましたヨ。

フランス生まれの鳥かご付きテーブル「Cage Archibird」。天板の上と下を小鳥たちが自由に行き来できるようになっています。建築家でデザイナーのGrégroire de Laforrest氏によって制作されたコンセプトデザイン。

その見た目のインパクトだけではなく、お部屋の空間を効率よく使うことができるという利点もあります。


テーブルにはオーク材を使用。白い木の枝は、実は偽物。スチールとパテを使って本物をまねて作られています。鳥かごの底部分には丸く削られた箇所があり、そこに水を溜められるようにもなっています。

Grégoire de Lafforest – Cage Archibird from grégoire de lafforest on Vimeo.

 

小鳥のカラフルさがよく引き立ちます。

実際にはフンの処理や、足で蹴ってしまうなどの問題点もありそう。しかし、見た目はなかなか可愛らしい家具。なにより小鳥たちと一つの家具を共有するってところがナイスアイデアです。

Cage Archibird [gregoire del afforest] [mymodernmet]

text by 稲崎吾郎

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense