20151020_EC_depan

SHARE

ルーミーのレシピシリーズ
#うまそなレシピ見つけたよ

酸っぱくて硬くて、日本では作るのが難しいイメージのドイツパンですが、ハムやチーズはもちろん、実はコンフィチュールや蜂蜜とも相性がいいのです。

日持ちするので休日に作って、薄くスライスして、毎日少しずつ食べるのがおすすめ。

忙しい朝は、コンフィチュールをたっぷり乗せて1枚で満腹。疲れた夜も、温かいスープといっしょに食べれば、ほっと落ち着きます。

お腹もちもよく、食物繊維もたっぷりなヘルシーフード。3日目位が生地が馴染んで、よりおいしくなるので、味の変化も楽しんでくださいね。

20151020_depan1

パン作りはこねるのに力が必要だったり、計量が細かったり、温度管理が難しいイメージですが、このドイツパンの作り方はすごく簡単ですよ!

『ドイツパン』

材料(25cmパウンド型1台分)

・全粒粉やライ麦など好きな粉(500g)
・ぬるま湯(250g)
・塩(コーヒースプーン1/2)
・天然酵母(適量)※ドライイースト3gでも代用可
・オートミール(適量)
・アーモンドやクルミなど好きなナッツ(適量)
・レーズンやイチジクなど好きなドライフルーツ(適量)

作り方

1. 全粒粉やライ麦など好みの粉をミックスし、ぬるま湯と塩を加えて混ぜる。このとき、捏ねる必要はなし。

*強力粉5:全粒粉3:ライ麦:2から始めて、次回から好みの粉を増やすと作りやすいです。ライ麦が多くなると酸味が増し、生地が重くなります。

*酵母は天然酵母を使用する方がおいしく仕上がりますが、種を起こすのが少し大変なので、ドライイースト3gでも代用可能です。その場合は、ぬるま湯にドライイーストを溶かしてから、粉に加えます。

2. 乾燥しないように布をかけ、6時間ほど発酵させる。

*寝る前に混ぜておくと、次の日がスムーズです。朝起きてワクワクしながら布をひらくと、少しふっくらして1.5倍くらいに膨らんでいるはず。まだ小さいようなら、焦らず、暖かい場所で2時間ほど発酵を続けましょう。

3. オートミール、ナッツ、ドライフルーツをお好みで加え、軽く混ぜる。アーモンドやドライイチジクは刻まずそのまま入れてOK。

*オートミールとドライフルーツは、たっぷり入れましょう。私はレーズンとひまわりの種をたっぷり入れるのが大好きです。

20151020_depan2

4. 型にオリーブオイルを塗り、オートミールをつける。こうすることで型から取り出しやすく、オートミールの食感を楽しめる。

20151020_depan3

5. 生地を平らに入れたら、布をかけ、1~2時間ほど発酵させる。

20151020_depan4

6. 180℃のオーブンで40分ほど焼き上げる。竹串を刺して生地が付かなければOK。

*オーブンの中に、耐熱のコップに入れた水を一緒にいれると、表面が硬くなりすぎません。

7. 焼き上がったら型から外し、網の上で冷ます。

20151020_depan5

粉の種類やナッツによって、毎回テイストを変えられるのも自家製パンの楽しみのひとつ。国内産の小麦やオーガニックのライ麦など、材料にこだわってみるのもいいかもしれません。

1cmほどに切って、さぁ、何を乗せましょう? バターやジャムはもちろん、クセのあるチーズを乗せればワインが進みます。ドライフルーツを入れたパンなら、クリームチーズとの相性も抜群。

日が経って少し硬くなってきたら、トーストするのもおすすめです。カリッとした表面にとろ~り蜂蜜をたらせば…もう一枚食べたくなること間違いなし!

作るたびに、粉の比率や入れる材料を変えて、あなた好みのドイツパンを見つけてくださいね。

もっとレシピを見たい方はこちら

20151020_EC_depan

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense