151019stickopensand

SHARE

ライフハッカー[日本版]より転載:こんにちは、料理研究家のオガワチエコです。

過ごしやすくなってきたこの時期、お出かけする機会も多いかと思います。食べものの美味しい季節でもあるので、友人を招いてのホームパーティーなどを開かれるかたもいらっしゃるかと。

みんなが集まった時、テーブルがパッと明るくなるような料理が出せたらいいですよね。美味しいだけでなく、見た目にもオシャレなものがパーティには相応しい。そこでお勧めしたいのが「スティックオープンサンド」です。馴染みのない名前かもしれませんが、SNSではすでに話題沸騰。女性の間では大人気です。

作り方は簡単。パンをスティック状に切って、その上に好きな具材をのせるだけ。挟むという工程が省かれたサンドイッチです。少し前に、握らないおにぎり「おにぎらず」が流行りましたが、そのサンドイッチバージョンというとわかりやすいかもしれません。

具材が表に出ているので、見た目にも華やか。ホームパーティーにピッタリというわけです。今回はそのなかでも、色合いもよくて可愛らしい、食卓に花を添えるような一品をご紹介します。


『魚卵&サワークリームのスティック―オープンサンド』

材料

・ライ麦食パン(8枚切り1枚)
・サワークリーム(大さじ1)
・いくら、とびこ、たらこなどの魚卵( 各大さじ3)
・ディル  (適量)
・チャービル(適量)

作り方

1. パンの耳を落としスティック状に3つに切る。

2. それぞれにサワークリームを塗る。

3. 2に魚卵、ハーブをのせ、できあがり。

手に取ってみたくなりませんか?子供から大人まで幅広く支持され、大好評です。みんなで食べれば話も弾み、よりいっそう美味しく感じられるはずです。

このスティックオープンサンドのレシピを一冊にまとめた、その名も『スティックオープンサンドの本』(講談社)を、このたび私、料理研究家のオガワチエコが出版させて頂きました。シンプルなものから、デザート系、和食系、おつまみ系など、さまざまなアレンジを加えたレシピを掲載。ほとんどの種類のパンに対応可能なので、組み合わせてオリジナルのものを作っても楽しんでいただけます。

料理に疎い男性のかたにもわかりやすいよう、一品ずつ詳しい解説付きになっています。具材を山盛りにのせてガッツリ男らしくいくもよし、鮮やかな色のフルーツをのせて女性ウケを狙ってもよし。リピーターも続出です。

笑顔あふれる食卓作りに役立つ一冊です。ぜひ、手に取って読んでみてください。

レシピ・文/オガワチエコ
料理研究家。ル・コルドン・ブルー、東京會舘クッキングスクールで料理と製菓を学ぶ。著書に『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』(セブン&アイ出版)や、握らないおにぎりで話題になった『おにぎらずの本』(泰文堂)などがある。2015年9月11日には新刊『スティックオープンサンドの本』(講談社)を出版。

151019stickopensand

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense