SHARE

ライフハッカー[日本版]より転載:材料を入れて温めるだけで料理ができるスロークッカーはとても便利な調理家電ですが、調理以外にも活用できます。今回は、それらの中でおすすめの方法を10個、ご紹介します。

手作りに関するものが多いので、DIY好きの人は、専用にもう1つ買ってしまうかもしれません。でも、今ある料理用のスロークッカーを使ったとしても、しっかり洗えばまた料理に使えるので大丈夫です。

1. 石けん作り

151019slowcooker2

石けん作りのすばらしいところは、自分の好きな香りや材料を加えられる点です。

たとえば、ライフハッカーの過去記事(英語)で紹介した作り方では、材料は水、オリーブオイル、ココナッツオイル、苛性ソーダ溶液(※危険な薬品なので扱いに注意してください)だけです。これらをスロークッカーで1時間じっくり加熱すれば、手作り石けんの出来上がりです。

2. ペンキを落とす

151019slowcooker3

ペンキの汚れを取るときは、薬剤を使う代わりに、使っていない古いスロークッカーに水を入れて一晩加熱しましょう。

この方法は、オイルやラテックス、スプレーペイントなどが付いた場合でも有効です。なお、より詳しくは、こちらの過去記事を参照してください。

3. 布や糸を染める

151019slowcooker4

スロークッカーを使えば、染めている過程を見ていなくてもよいので染色作業が楽になります。

スロークッカーに、染色用の材料を入れ、ゆっくり加熱することで色が染まっていきます。アキノキリンソウを使った染色の方法は下記の通りです。

1. スロークッカーの中にアキノキリンソウと水を入れ、その上に布を置く。

2. お酢と、さらに水を加える。

3. その上にメタル製のリングを置いて布が動かないようにする。

4.スロークッカーのふたをして、8時間加熱する。

5. 8時間が過ぎたら、草の上に布を置いて乾かす。(私は、色を定着させるために、ドライヤーを使って乾かしたあと再度水洗いして、洗濯物のように干しました)

ちなみに、紙も染められるそうです。実験が好きな方はやってみてください!

4. ポプリのように使う

150929potpourri

スロークッカーは、食べ物を作っている間、良い香りを漂わせます。

そこで、スロークッカーの中に良い香りのスパイスや果物などを入れてみました。こうすれば、家中に良い香りが漂い、まるでポプリのよう。オレンジやクローブ、オールスパイス、シナモンなどを入れれば、くつろぐのにぴったりの香りになりそうです。詳しい作り方は以下の通り。

2個分のオレンジの皮、クローブ、オールスパイス、シナモンスティック3~4本と、材料がかぶるくらい水を入れます。スロークッカーのスイッチを入れると、良い香りが楽しめるポプリの出来上がりです。スロークッカーなので、火を気にする心配もありません。
※料理サイト「Heathers Dish」より。


5. ろうそくを作る

151019slowcooker5

手作りのろうそくは、すてきなプレゼントになります。でも、材料のろうの扱いがちょっと難しいです。スロークッカーを使えば、何度も沸騰させたり流したりする手間が省けます。

キャンドルホルダーに細かくしたろうを入れ、それをスロークッカーに並べ、ゆっくり加熱させましょう。ろうが溶けたら、お好みでエッセンシャルオイルや色を加え、芯を指して、ろうが固まったら出来上がりです。同じような方法で、クレヨン作りもできますよ。

6. 粘土を作る

151019slowcooker6

スロークッカーではパンを作れますが、同じようなやり方で粘土も作れます。材料は主に、パンを作るときと同じで、あとは調理時間が30分程度必要なだけです。レシピはこちら。

材料

・小麦粉2カップ
・コーンスターチ1カップ
・塩1カップ
・クリームターター1/4カップ
・お湯2カップ
・クッキングオイル小さじ2

作り方

1. スロークッカーを「Law」で温めておき、粉類をすべてスロークッカーに入れて混ぜる。

2. 混ぜたあとに水と油を加え、ふたをしめて「high」モードで30分加熱。

3. スロークッカーの大きさにより、出来上がるまでに時間差があります。状態を確認し粘土になっていたら、それをさらにこねて完成です。色を付けたいときは食紅などを加えるとよいでしょう。

7. 部屋の消臭

151019slowcooker7

重曹は空気の消臭によく効きます。そこで、スロークッカーに重曹と水を入れ、部屋を消臭しましょう。カビ臭い地下室の空気も、新鮮に変わりますよ。

8. 加湿器として使う

151019slowcooker8

古いスロークッカーに水を入れておけば、加湿器がわりになります。

生活情報サイト「Crock Pot Recipe Exchange」というウェブサイトによると、スロークッカーに3/4くらいの水を入れ「high」で加熱しておきましょう。時々ふたを動かして、水分が部屋にまわるようにしましょう。

9. アクセサリーをきれいにする

151019slowcooker9

アクセサリーの色があせたときやちょっと汚れたとき、スロークッカーが役立ちます(ただし、スロークッカーはガラスかセラミック製のものにし、使う道具はプラスチック製か銅製のものだけにしてください)。

情報サイト「The Artisan Life’s directions」によると、材料はお酢と塩だけ。お酢1カップをスロークッカーに入れて温めたあとに、塩大さじ1を入れ、その中に汚れたアクセサリーを入れます。とりだしたあとに使い古しの歯ブラシやネイルブラシなどで磨くと、きれいになるそうです。

10. 動物の骨/頭蓋骨をきれいにする

151019slowcooker10

実は、多くの人が骨や頭蓋骨をアートのモチーフにしたり、家に飾ったりしています。動物の骨や頭蓋骨をきれいにしなければならないときは、沸騰した鍋で煮るより、スロークッカーでじっくり加熱したほうが良いです。
本当ですよ! ちなみにこれは、ライターのベス・スクワレキさんが、教えてくれたアイデアです。

Melanie Pinola (原文/訳:曽我美穂)

Photo by Shutterstock.

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense