家を建てようと計画し、設計士さんが平面図を描いてくれても、いまいち広さの感覚がわからない…。

そりゃそうです、平面図を見ただけで空間的なイメージを頭に描くだなんて、簡単なことではありません。

そんな問題に答えを示してくれているのは、ノルウェーのオスロで活動する建築スタジオVardehaugen Arkitekter

オフィスの裏の広いスペースにテーピングで実物大の設計青写真を描き、実際にその上を動いて生活動線を確認できるというわけです。

そういえば子供の頃、地面にこんな風に家の間取りを描いて遊んだことありませんでしたっけ…?

なんだかちょっと懐かしい思い出も蘇ってきそうですが、もし建築家に平面図を見せられてもイメージが湧かなかったら、広~い土地を見つけて実物大の平面図を描いてみては…。

vardehaugen_arkitekter [via Instagram]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense