SHARE


畳が減り、洋室が増えた日本の家屋。

先人たちの文化を大切にしながら、海外のスタイルも取り入れ、私たちに合う「おうち」の在り方を作ってきました。

そんな風に西欧の文化を取り入れつつ、それでも私たちは「おうち」には靴を脱いであがり、靴からスリッパに履き替えるという選択をしました。

そんなスリッパも、近年ではそのほとんどが大量生産の輸入品が多くなり、国内の工房や履物職人さんの数は減ってしまっています。

だからこそ、手仕事や伝統を大切にし、ものづくりの生産者を応援するコンセプトの「平和スリッパ」を履きこなしませんか。

151016ECheiwa1

平和スリッパの新作は、シンプルなのにカラフル、どこか懐かしいようで斬新。

151016ECheiwa2

デニムには紡績から国内で一貫生産された上質なカイハラ社製の高品質デニム生地を、また歩くとチラリとのぞくカラフルな柄がアクセントになっています。

ほぼ一点もののプリント生地なので、左右で柄の位置に違いもありますが、それも味。流行りのもの、安いもの、かわいいもの、心地よいもの。何かを選ぶときの基準はひとそれぞれ。

だからこそ、暮らしの名脇役であるスリッパも靴を選ぶ時のように慎重に。作り手の想いや温もり、そして、職人さんたちの技にこだわって選んでもよいのかもしれません。

Heiwa Slipper|平和スリッパ

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense