小さい頃は壁に絵を描いて怒られたものです。でも、頭は今よりもっとやわらかかった。

こんな紙で、あの頃のもっと自由なやわらかい頭に戻りたいものです。

151013paperroller01

GEORGE & WILLYによる「STUDIO ROLLER」は、壁に紙を貼るローラーです。

151013paperroller02

壁に貼った紙が、サランラップのようにグルグルと出てきます。至ってシンプルな造りですが、立って書いたり大きなスペースに書いたり、用途によってさまざまに応用が利きます。

151013paperroller03

例えば日替わりメニュー。こうやって壁に貼られていると、毎日の書き換えも簡単です。

151013paperroller04

例えばおうちで。お母さんの買い物リストと子供のお絵描き帳の兼用。

151013paperroller05

例えばオフィスで。アイデア出しには、最適じゃないでしょうか。

151013paperroller06

変化球な使用例も。

机に流せば小学生や中学生の勉強にも良いかも。大きな紙が埋まる頃には、これだけやったと自信を持てます。ギフトを贈ることが多い人は、ここに包装紙をセットしてもいいですね。

書き終えた紙は、ここでピっと切って捨てられます。

151013paperroller07

一旦、頭も紙も真っ白に戻して、さぁ、また一から始めてみましょう!

下のバーをどこに取り付けるかは、装着前にじっくり考えてくださいね。いつもちょっとしたメモで終わっちゃう人は、ローラーのより近くに。計算式だったりメニューだったり、それなりに大きなスペースが必要な人は、ローラーから離れたところに。

ローラーだけ買って、他の紙をセットするのもOK。やっぱり、このクラフトペーパーが好きだという方でも大丈夫。ペーパーだけの購入も可能です。

151013paperroller08

STUDIO ROLLERは黒と白の2色、横幅625mm、925mm、1225mmの3サイズの展開です。

お求めはコチラ。ペーパーはコチラから購入できます。

 

STUDIO ROLLER [Geroge and WIilly]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense