このイス、なんだか見覚えありませんか?

151011_day_1

そうです、たくさん重ねられるポリプロピエン製のイス。今の私たちにはとってもありふれてイス存在のこのイスですが、発売当時はポリピロピエンをイスに使うことは、センセーショナルだったのです。Robin Day(ロビン・デイ)という、今では伝説的デザイナーの1963年の作品です。

151011_day_2

イギリスの大手デパートJohn Lewisが、Robin and Lucienne Day Foundationと提携し、デイの百周年を記念してこのイスを再販しているのですが、まずはその伝説を見ていきましょう。

151011_day_3

デイは家具会社のHilleのためにこのイスをデザインしました。しなやかな強度・大量生産が可能にしたお手ごろな価格帯・スタイル抜群の極薄の座席。どれをとっても、ピカイチでした。まさに家具界の常識を塗り替えた作品。世界中に普及しました。

151011_day_4

現在再版されている色は、チャコール色、ライトグレイ、緋色の三種類。どれもオリジナルを忠実に再現しています。

151011_day_5

「だれにでもいいデザインを」というデイの哲学を守って、現在お手ごろ価格で販売中です。

写真 Robin and Lucienne Day Foundation

販売先 John Louis

情報元 Robin Day’s 1960s stackable Polyside Polyside Chair relaunches. [Deezen]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking