151006_1

SHARE


どっしりと構えるシルバーボディの「ATOMIC COFFEE Machine(アトミックコーヒーマシン)」は、1930年代にイタリアのジョルダーノ・ロビアッティ氏がデザインし、1947年にミラノで特許を取得しました。

ボディにはアルミを使用し、曲線的なラインが美しいこのマシン。量産品のように見えますが、いまもイタリアの職人がハンドメイドで作っています。

当時、このマシンは世界中でライセンス生産されていましたが、現在では生産数も少なくなっており、オークションではヴィンテージ品が高値で取引されています。

直火式のエスプレッソマシンは、コーヒーができる行程も面白いものです。火にかけてから、コーヒーが抽出されるまでの時間をゆったりと楽しめます。ちょっと見てみましょう。

手順は、本体に水を入れてから、コーヒーフィルターにコーヒーの粉を詰め、ハンドルでマシンにセットします。

151006_cofee01

水とコーヒーのセットが完了したら、直火にかけてエスプレッソができ上がるのを待ちます。

エスプレッソが作られる仕組みは、今も昔も変わりません。本体下部に注いだ水を熱し、蒸気と圧力が上がってくると、パイプを伝ってお湯が上部に集まります。そのお湯が、挽きたてのコーヒー豆を経てエスプレッソとなるのです。

少しずつエスプレッソが落ちてくる様子は、砂時計を見ているようで、なんとも優雅な気分にさせてくれます。

151006_cofee02

コーヒーを抽出し終わったあとは、底にたまった水蒸気でミルクを泡立てることができます。自宅で本格的なカフェラテやカプチーノが楽しめるのは嬉しいですね。

シンプルな見た目ながらも、なんとも機能的なつくりです。

151006_cofee03

ATOMIC COFFEE Machine(アトミックコーヒーマシン)86,400円(税込み)

80年間変わらないデザインだと思うと、手に入れたときの喜びもひとしお。長く使い続けたい逸品です。

直火式なので、室内だけでなく野外でも使用可能です。普段はおうちでのコーヒータイムに、休日はキャンプで清々しい朝食に…なんて使い方もできますよ。

お問い合わせ・ご購入は蔦屋書店までどうぞ。

ATOMIC COFFEE Machine[蔦屋書店]

151006_1

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense