SHARE


なんだか少しもやもやして心が晴れない朝。そんなときは「本を声に出して読む」と、とてもすっきりするんです。

声に出して読みたくなる、オススメの本をご紹介します。

DSC_0941

谷川俊太郎さんの『みみをすます』です。絵とブックデザインは柳生弦一郎さんが手がけています。

『みみをすます』『えをかく』『ぼく』『あなた』『そのおとこ』『じゅうにつき』の6編が収められており、本を開いた瞬間から、ひらがなで綴られた美しい言葉の数々が包み込んでくれます。

私は『ぼく』がお気に入りです。「死」を意識させる言葉を用いながらも、「生きること」を力強く描いている作品で、読むたびに違う印象を受けるので何度も読み返したくなります。

わかりやすく、声に出すと軽やかな言葉たち。読み終えるとすっきりとした、優しい気持ちになることができます。

151006_ehon02

この本に合わせて食べたい朝食は、優しい味のホットケーキ。ふかふかのホットケーキの優しい甘みと温かさで心も穏やかな気持ちになります。

朝、声を出して本を読むときっと世界が変わりますよ。

みみをすます[amazon]

Image by Getty Images
Books Photographed by kico

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense