誰もが一度は目にしたことがあるプラスチック椅子。

1960~70年代のモダンデザインのパイオニアとして活躍したイームズ夫妻が手がけたチェアに、ハイスツールが登場しました。

座と背もたれ部分を一体かつしっくり身体に沿う曲線に成型するために、当初はFRPという素材を使用していました。しかし、FRPはリサイクルが難しい素材のため、現在は耐久性に富んだポリプロピレン製になりました。

イームズプラスチックシェルチェア」、「イームズファイバーグラスシェルチェア」、木製タイプの「イームズウッドシェルチェア」など、座面の素材の異なるそれぞれにハイスツールが仲間入りとなりました。

150925eamespla-01
150925eamespla-02

Charles & Ray Eames(チャールズ & レイ・イームズ)

チャールズ・イームズは1907年、ミズーリ生まれ。ワシントン大学で建築を学び1930年に自身の建築事務所を設立。数多くの建築を手がける。初期のエーロ・サーリネンとのコラボレーションは、モダンデザインの誕生のきっかけをつくった。

一方レイ・イームズは1912年サクラメント生まれ。絵画の勉強を進めアーティストの道を歩んでいたが、1941年、チャールズと結婚。その後は、レイ & チャールズとしての活動が中心となる。

2人はハーマンミラー社のジョージ・ネルソンとともに、現代にも通じる画期的で斬新な多くの家具をデザインしたが、活動はそれだけにとどまらなかった。映画制作、写真、展示デザイン、グラフィックデザインなど、60~70年代のモダンデザインのパイオニアとして活躍した。

150925eames-05
150925eames-06

スツールの高さは2種類で、カウンターハイト(SH635mm)とバーハイト(SH750mm)から選択できます。

名作の座り心地を、高い位置から眺めて堪能してみてはいかが?

イームズ ウッドシェルスツール (Eames Molded Wood Shell Stool)デザイナーズ家具・北欧家具の通販 hhstyle.com

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking