季節の変わり目、気をつけることはなんですか、と最近よく聞かれます。季節の変わり目に限らず、地のもの、旬のものをいただくことがまず大事かなと思っています。

夏は今日までで、明日からは秋です、というように、急に夏が終わって、急に秋になるわけではありません。すこしずつ、すこしずつ、季節は移ろいます。つまり、夏が始まる、ということは、夏が終わり始める、ということでもあるのです。なにごとも、それがどんなことであれ、ピークを迎えるということは、すこしずつ下り始めるということです。人生で上り下りがあるのは、自然なこと、と言えますね。

さて、変わりゆく季節に合わせて、身体もすこしずつ、一瞬たりとも止まることなく変化しようとしています。たとえば、犬や猫も冬に向けて、保温力のある冬毛に変わっていきますよね。人間も、夏に開いた汗腺は、寒い冬に向けて、徐々に閉じていき、栄養をしっかり吸収して貯蔵する態勢を整えていきます。自然の流れと調和していれば、身体はそのときどきに必要なことを、過不足なくしてくれるものです。

自然の大きな流れにうまくのるためには、やはり、自然の力を取り入れるのが一番だと思うのです。茄子は茄子でも、北国でとれるものと南国でとれるものでは、その蓄えているエネルギーが違います。だからこそ、地元の八百屋さんで地元産のものを買って料理をすることは、とても簡単でありながら、とても効果的だと思うのです。これを基本にしていれば、多少のことではびくともしない身体ができていきます。そうすると、たまに食べ過ぎたり飲み過ぎたり、ジャンクなものを食べたりしても、身体はすぐにあるべきところに戻ってきてくれます。

今日食べたもの:さつまいもとにんじんのココナッツスープ

さつまいもとにんじんのスープは秋の定番。以前にもご紹介しましたが、こちらは塩麹ココナッツオイルを使った、まだ日射しにパワーが残る秋の始めバージョンです。

塩麹は、塩や醤油、味噌にくらべると陰性より。身体を冷やすほどではありませんが、特に寒い季節は、陰性の食材と合わせてつかうと、なんとなくぼんやりした味に感じます。まだ日中は暑い、でも朝晩は冷える、そんな今くらいの季節ににんじん塩麹は相性がいいのではないかな、と思って作りました。

ココナッツオイルで適当なサイズに切ったにんじんをざっと炒めます。適当なサイズに切ったさつまいも生姜を加え、水を加えてにんじんとさつまいもが柔らかくなるまで加熱します。冬は弱火でコトコトしますが、今くらいの時期は中火でわーっと加熱するくらいがちょうどいいようです。

塩麹とお好みで豆乳を少々加え、ブレンダーで滑らかにしてできあがり。ココナッツオイルの風味が後を引くおいしさです。

Ranking