SHARE


こちらの花火のようなデジタル作品は、イギリスを拠点に活動するアーティストBrendan Dawesさんが製作したもの。

イギリスのブロードバンド会社EEが4Gサービスをスタートする際に作られました。

150926_cityportrait_2

イギリス国内11都市の通話データ三日分を元に、特定のキーワードと時間軸がビジュアル化されました。

キーワードは、その当時話題になった「ハリケーンサンディ」や「お金」など、それぞれの都市に特化したトピックが採用されました。

150926_cityportrait_3

ひまわりの種の配置にもみられる螺旋のパターンに則って、キーワード別に色分けした4,320(3日間の総分数)の円をプロットしたのだそう。気の遠くなりそうな作業ですよね。

150926_cityportrait_4

同じ方法を用いていますが、都市によってそれぞれ異なる表情になっているのがとても面白いです。

150926_cityportrait_5

遠く離れた家族や恋人、友人と、一体どんなおしゃべりがされていたのでしょうか。

とてもロマンチックな作品です。もっと作品を楽しみたい方は以下のサイトからご覧ください。

Brendan Dawes

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense