SHARE


熊本県にあるアートカルチャーのシークレットベース「河原町繊維問屋街」。この巨大廃墟は今、クリエイターの自由表現の場となっています。

そんな場所をさらに活性化させ、世界中からクリエイティブな人が集い、たくさんのイノベーションアイデアが生まれる場所にするため、クリエイティブゲストハウス「カワラマチHotel」が誕生します。

「河原町繊維問屋街」とは

熊本の風景のひとつ路面電車にゆられ河原町電停を降りてみると新築マンションの影から突如姿を現す「河原町繊維問屋街」という廃墟群。10年ほど前から徐々に注目を集め始めたこの場所が今回の舞台です。

さあ、中を少しだけ覗いてみましょう!

detail_1123_1439536661
detail_1123_1439546512
detail_1123_1439546558

戦後、闇市が行われ、熊本の中心街だった時代もあるそうです。繁栄から衰退まで、なにも隠さず残っているこの場所の空気に惹かれ、たくさんの個性的なクリエイターが居つき、拠点として活動をはじめています。

現在、30店舗ほどになったアトリエやショップはこの場所と同じように我が強く尖っていて、アートやデザインが好きな人達にとって、これほど魅力的な場所はなかなかありません。歴史が作り出した巨大なクリエイティブ廃墟は今、沢山のクリエイターの自由表現の場となっているのです。

detail_1123_1439550271
detail_1123_1439550283
detail_1123_1439550503

そんなこの場所の魅力にとりつかれた一人、今回の共同支配人no1の上野和久さん。

この河原町繊維問屋街に、「世界中からクリエイティブな人が集い、語りあい飲みながら一晩を過ごす中でたくさんのイノベーションアイデアが生まれる場所(ゲストハウス)を作りたい!」と考えています。

detail_1123_1439546622
detail_1123_1439546636
detail_1123_1439535580


そこで共同支配人を大募集!

上野氏は現在、「面白い」のさらに上を体感し、さらには創造したいとウズウズしてる全世界の仲間達、想いを共有できる共同支配人を100名募集しているのだそう。

main_1123_690_388-1

【住所】
熊本市中央区河原町2

【支配人の特典】
・周りの人から「すごい人」と思われます。何せ支配人ですから。
・個人個人の専用名刺もお作りします。この名刺はドリンク無料券や宿泊優待券(500円分)として利用できます※。
※コンシェルジュコース、コンシェルジュマネージャーコースの名刺は宿泊優待券として利用できません。
・共同支配人しか入れないコミュニティーに入会できます。
・また、共同支配人からいただく意見は実際のHotel運営やデザイン面で積極的に取り入れていきます。

【他のホテルには無いこだわり】
・クリエイティブに触れること、そして、旅人同士や旅人と地元熊本の人たちとが語れることを最重要視した空間。快適さはもちろん満たしつつ、安く泊まることに特化したホテルにはない、人・そして新しい価値観と出会いがあり、知的好奇心を満たすこと間違いなし。

今までの宿泊概念を一刀両断する、巨大Hotel。そんなホテルの支配人になれるのは9月29日(木)まで。ご興味のある方は是非チェックして見てくださいね。

詳細は、こちらから。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense