ライフハッカー[日本版]より転載:レモン水や焼き魚の味付け、グリーンサラダなど、新鮮なレモン汁はさまざまな料理で活躍します。でも、レモン汁をもっと多く絞れる方法はないでしょうか?

レモンの絞り方については、キッチンカウンターでレモンを転がす、電子レンジで加熱してから絞る、レモン汁を絞るための台所用具を使うなど、さまざまな方法が知られています。でも、どれが一番良い方法でしょうか? そこで、よく実践されている5つの方法から、どれが一番多くのレモン汁を絞れるか、実験してみました。

実験内容

5つの方法でレモン汁を絞り、比べることにしました。

レモンを半分に切り、手で絞る
両手を使い、レモンをキッチンカウンターのうえで転がしてから、半分に切り、手で絞る
電子レンジで25秒加熱したあと、半分に切り、手で絞る
レモンを立て、縦に3つに切ってから、手で絞る
レモンを半分に切り、レモンスクィーザーを使って絞る

150917roomie_lemon2

実験には、同じくらいの大きさ、重さ、硬さのレモンを使用しました。絞るときはできるかぎり力を入れ、常に同じくらいの力をかけて絞るようにしました。絞ったあとは、キッチンスケールを使って、絞り汁の量を正確に測りました。

実験結果

実験の結果を絞れたレモン汁が多い順に発表します。一番少なかったのは、ただ半分に切って手で絞ったときで、一番多かったのはレモンスクィーザーを使ったときでした。

1位 レモンスクィーザーを使って絞る:52.3g
2位 レモンを転がしてから手で絞る:36.1
3位 電子レンジで加熱してから手で絞る:38.3g
3位 レモンを縦に3つに切ってから手で絞る:38.3g
5位 半分に切って手で絞る:35.4g

150917roomie_lemon3

半分にただ切って手で絞るだけだと、35.4gしかレモン汁がとれません。工夫すればもっとたくさんとれるのですから、この方法を使う理由はもうありませんね。

一番多くレモン汁がとれたのは、レモンスクィーザーを使う方法です。とれたレモン汁は55.3g。半分に切って絞るだけのときと比べると約20g増。実に5割増し!レモンの種は絞り器の中に残るので、後片付けも楽です。

魚料理であれ、デザートであれ、レモン汁を使った料理をよくされる方は、1500円ほどで購入できるので、買ってみては? 価値ある買い物になると思いますよ!

Susannah Chen(原文/訳:曽我美穂)
Photo by Bobbi Bowers.

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense