ページをめくると、カラフルな仕掛けがポンと現れる、飛び出す絵本。子どもの頃、一度は夢中になった経験、ありませんか?

この仕組みを応用し、ユニークなオフィス家具が考案されました。

via GIPHY

オーストリア・ウィーンを拠点に活動するデザイナー、Liddy ScheffknechtさんとArmin B. Wagnerさんは、ダンボール製のオフィス家具セットを製作。

巨大な“絵本”を開くと、縦94センチ、横275センチ、高さ200センチのオフィススペースに、長椅子とテーブルが現れます。

150917popupfurniture2

こちらは、デスクとチェアのセット。デスクの上には、ラップトップPCの模型が、ちょこんと乗っています。

もちろん、いったん開いた“オフィス”を折り畳めば、すぐ元通り。屋内・屋外問わず、どこにでも簡単に運ぶことができ、瞬時にオフィスを設置できます。

晴れた日、公園やビーチに、この“オフィス”を持ち出して、“青空オフィス”で仕事できたら、楽しそう!?

Pop Up Furniture by Liddy Scheffknecht [via iGNANT]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking