なんだか憂鬱でぱっとしない朝は、食欲もなくて朝食もあまり入らない。

そんな朝を迎えることが誰でもあると思います。そんな時、朝食と一緒に読書をしてみるのはどうでしょうか。

朝は、軽く読めてなんだか幸せな気持ちになる本がいいですよね。そんな朝にぴったりの本は、益田ミリさん著書の『週末、森で』です。

150916tyoushokunihonnhaikaga

主人公は都会を離れ、田舎で暮らし始めた早川さん。翻訳の仕事や着付けの仕事をしながら、自分が生きていけるだけの必要なお金のぶんだけ働いています。早川さんの友だち二人は都会で暮らし、休みになると早川さんのもとへ訪れます。

早川さんは、自然の中で「自分らしく生きること」を見つめます。彼女が呟く言葉に、思わずはっとさせられます。

自然豊かな場所でのんびり暮らすことに憧れるけど、今の生活を手放す勇気はない。そんな時は週末に森にお出かけしたら何か変わるかもしれない。読み終えると、今日一日をまた丁寧に生きようという気持ちになるはずです。

そんな『週末、森で』に合わせて食べたい朝食は、森でピクニックしている気分になる手作りの白パン。

150916tyoushokunihonnhaikaga2

素朴で優しい白パンに、チョコレートスプレッドやスクランブルエッグを上に乗せても、とってもおいしいです。

150916tyoushokunihonnhaikaga3

おいしいパンとおいしい本で、今日一日が素敵になること間違いなしです。

週末、森で[amazon]

Top Image by Getty Images
Photographed by kico

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking