ある日、パンに恋をしてしまいました。

パンを食べるだけでは足りなくなり、パンのことをもっと知りたい…そんな気持ちが止まらなくなってしまい、片思いを始めた私が入門書として選んだのがこの本です。

ぱんとたまねぎさんが描く『パン語辞典』。

まさに一種の言語として「パン語」が存在してもおかしくないくらい、パンにまつわる言葉はたくさんあるのです。

本の一部を少しだけご紹介します。

150916pangojiten2

かわいいイラストで、いまさら聞けないパンの常識から、奥深いパンの知識まで教えてくれます。

150916pangojiten3

言葉だけでなくチャーミングな絵描き歌まで載っています。

パン語を解説するページには写真とイラストもたくさん載っていて、まさに手作り感あふれるスクラップブックのようで、かわいいもの好きにはたまりません。

著者のパンへの愛があふれる一冊。これを読めば、パンの世界からもう抜け出せなくなるはずです。

パン語辞典:パンにまつわることばをイラストと豆知識でおいしく読み解く[amazon]

Top Image by Getty Images

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking