SHARE

毎日何度も使うもの。

でも、ちょっとボサボサになるとゴミ箱にポイッ。

これ、なーんだ。

そう、歯ブラシ

歯の健康は、からだの健康ともいわれるほど、歯は大切。

虫歯がひどくなってしまうと、頭痛や肩こりなどの原因となってしまうことも。

だから、私たちは歯を磨く。

そして、1日に何度も使われる歯ブラシは、毛先が広がったり、1ヶ月ほど使うと替え時などと言われており、消耗品の1つですね。

でも、ここでも環境に配慮することはできるのです。

150916ECTIO-sustainable-toothbrush1

「TIO」は、主にデンプンや糖の含有量の多いトウモロコシやサトウキビなどから製造される「バイオプラスチック」からできており、また、歯ブラシの包装も通常の約60%以下に抑えています。

150916ECTIO-sustainable-toothbrush2

また、歯ブラシのヘッドの部分を替えることができるようになっているため、歯ブラシを丸ごと捨ててしまうよりも、その廃棄物は70%にまで減少しています。

150916ECTIO-sustainable-toothbrush3

毎日の外出や旅行などの持ち運びにもいい。

歯ブラシは交換して使うことが前提であり、1本100円もしないで買うことができるもの。

でも、「交換して使う」ことは同じでも、ちょっと違う方法で地球を守ることができるんですよね。

もちろん、清潔を保つこともできます。

歯を守り、地球も守る。

そんな歯ブラシなのでした。

TIO

TIO: WHERE SUSTAINABILITY MEETS ORAL CARE [Design Milk]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense