甘い飲み物にはどれだけの砂糖が含まれているのか、皆さんは知っていますか?

それを美しく実証する面白いプロジェクトがあったのです。

写真家のHenry Hargreavesさんは、ソフトドリンクを沸騰させて水分を飛ばしたら何が残るのかを実験しました。

そして、水分を飛ばしたあとに残った物体をロリポップの型に流し入れた結果。なんと、キャンディーが出来上がりました!

20150911henry1

Vitamin Water

20150911henry2

ZICO(ココナッツウォーター)

20150912henry3

MONSTER

20150912henry5

SNAPPLE(アメリカのフレーバードリンク)

どのドリンクも巨大サイズのロリポップとなっているのが驚きです。流れるドリンクとキャンディーの色合いが、アートのようで本当に美しい。

ちなみにこれらのキャンディは、全てドリンク一本分で出来たものとなっています。

製作過程の動画はこちら。

ソフトドリンクにはキャンディーが隠されていた!

Henry Harggreavesさんはそのようにコメントを残していました。

確かにかたちにしてみると、こんなにも多くの砂糖を飲んでいたのかと改めて気付かされます。ソフトドリンクの飲み過ぎにあたらめて気をつけようと思わされる、ユニークなプロジェクトでした。

他のドリンクのロリポップも気になる方は、彼のサイトを是非覗いてみてください。

Henry Hargreaves | Photographer

Photographed by Henry Hargreaves

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking