ロナウドとメッシ、どっちが世界一のサッカープレイヤー?

街中に、こんな質問を投げかけている投票ボックスがありました。

しかも、その投票方法はなんと、たばこの”吸い殻“なのです。

20150910cigarette1

このプロジェクトは、ロンドンの環境問題に様々なアプローチをしている団体Hubbubによって行われています。

「たばこを吸い終えた人が、道端に捨てることなくどうしたらゴミ箱に捨てるようになるだろう?」

Hubbubはこの問題に対して、人々が興味を抱くような質問を投げかけるというアプローチをしました。その結果、たくさんの人々がたばこのポイ捨てをせずに、この投票ボックスに吸い殻を捨てるようになったのだそう。

20150910cigarette2

またHubbubは、たばこの吸い殻のほかに、道端のガムのポイ捨て削減にも取り組んでいます。

ガムの場合には板が設置されていて、そこに街中の人々が興味を持つような質問を載せてあります。そして、人々がガムを貼り付けて、答えを作る仕組みになっているのです。

これもまた、とてもユニーク!

20150910cigarette5

「ポイ捨てはいけません。」と書いてあるポスターがあっても、人はなかなか動かないですよね。

けれどもみんながゴミ箱にゴミを捨てたくなるような仕掛けがあれば、人々は自然と動くようになるのかもしれません。

みんなで楽しく街を綺麗に。

そんな想いを実現させた素晴らしいアイディアでした。

Hubbub | Vote with your Butt!

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking