日本人フォトグラファーとして初めて『KINFOLK』(アメリカ)の表紙写真を飾り、国内でも雑誌、広告など幅広く活動中のフリーランサーフォトグラファー濱田英明さん。

濱田さんは日本国内だけでなく、海外でも多くの写真を撮影しています。

日本の四季を感じる写真を見れば、その季節を恋しく思い、海外の風景を見れば、思わず旅に出たくなってしまいます。

9

どの写真も美しい色彩で映し出せれ、写真の一枚一枚は、統一された雰囲気を持っています。

6

ほら、外に出かけたくなったでしょう?

誰もが体験したこと、一度は見たことがある風景をこんなにも柔らかい色合いで表現し、優しい気持ちにさせてくれます。


7

日常の中の「何も起きてない瞬間」。

実は、その瞬間がもっとも尊く、一生の思い出になったりするものです。

8

美しいのに、「美しいだけ」「綺麗なだけ」じゃない写真たち。濱田さんの目線の先には、私たち写真を見ている人の心に響く“魔法”が隠されているようです。

0

また、濱田さんの息子・晴くんと皆くんの日常の姿を切り取った作品は、温かくどこか懐かしい気持ちにさせてくれます。

72252-6355951-0905_14630004_HH

大人の私たちが、誰でも一度は駆け上ってきた“階段”をフラッシュバックさせてくれるようです。

時間を戻すことはできないけれど、あの時の私、空気、雰囲気、気持ちを濱田さんの写真に重ねてみませんか?

Hideaki Hamada Photography

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking