子供だけでなく、大人も夢中になるガチャガチャ。アニメキャラクターのフィギュアやストラップなどさまざまな種類が販売されていますが、波佐見町では「やきものの里」らしい、レアなガチャガチャが!

その名も「陶ブローチ」。陶器のブローチが入ったガチャガチャなのです。

150903bro1

これを創案した「ながせ陶房」の長瀬さんは、中古のガチャガチャを購入し、カプセルの中に入れる陶器のブローチを制作。ブローチは17種類。テントウムシやツバメなど動物をモチーフとしたものが入っており、毎年何かしらの新キャラも登場するとか。

「なにが出るかわからない」それがガチャガチャの醍醐味ですね。

150903bro2

1回500円。設置場所は「ながせ陶房」、「モンネポルト」。そして、長瀬さんの山形の実家「山寺焼窯元」にあります。山寺では山形限定のシリーズもあるとか。

500円を入れ、ぐるっとレバーを回すと大き目のカプセルが出てきます。ブローチは割れないように包装されているため、カプセルが出てきても、まだどの動物が入っているかわからずドキドキします。

150903bro3

服や帽子はもちろん、部屋のアクセントとしてカーテンなどにつけてもいいですね。

150903bro4

ちょっと変わったガチャガチャをしに、波佐見に出かけてみてはいかがでしょうか?

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking