漆器と聞くと、多くの人は高価なものだと考えるのでは? 確かに漆塗りという伝統技術には何十もの作業工程があり、それだけ手間ひまが掛かるため高価になりがちです。

しかし、福井県鯖江市で越前漆器を200年作り続ける漆琳堂さんは、毎日の中で使い続けてもらえる漆器を作りたいと考えていました。

そんな思いから誕生した漆のお椀ブランドが「お椀やうちだ」です。

150827_urushi_01
150827_urushi_03
150827_urushi_02

漆とはそもそも木の器の補強材なのだそうです。

お椀やうちだで展開されている商品は丁寧な漆塗りにも関わらず、手に取りやすいお値段です。その理由は、漆を塗り重ねる工程を日常での使用に耐える必要十分な回数まで絞ったこと。

150827_EC_urushi

塗り直しや金継ぎをして何代先までも使い続けられることは漆塗りの魅力のひとつです。

漆器を持つと、物をいつまでも大切に使い続けることが日本の美であることを再確認させてくれます。もちろん、お椀やうちださんでは塗り直しの対応もしてもらえます。

日本の食卓にはもちろん、今や海外からも注目されている漆器で食卓を飾ってみませんか。

お椀や うちだ

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking