小学生の時、先生に言われました。「定規は、プラスティックより竹のものを使いなさい。プラスティックは暑いと溶けたりして、少しずれが出てくるから」と。どの程度のずれなのかは分かりませんが、確かに、欠けているプラスティックの定規はよくみますよね。

ただ、如何せん、竹定規は、子供には地味でつまらないものでした。

人や何かのせいにしてはいけませんが、数字に心躍ることなんてなく、数字が苦手になってしまいました。

150823ruler01

多くの算数が苦手な子どもにとって、数字が少しでも心躍るものとなるように、デンマークのブランドHAYによる、カラフルでかわいくて楽しい定規 ”WOODEN RULE”はいかがでしょう。

竹でなくブナの木で作られた定規には、目盛りとなる線が、柔らかい色で、ストライプやアングルストライプのように描かれて、そこから連想されるのは、目盛りというよりキャンディの包み紙のような楽しいイメージ

150823ruler02

黄色とグレーのコントラストがかわいかったり

150823ruler03

三角定規もあります。

こちらは、新しいシリーズで、キューブといいます。コロコロまわりそうな正方形がかわいいです。

150823ruler04

すぐに算数が得意にはならないかもしれませんが、大切なのは、数字にアレルギーを持たないこと。いろいろなモノの大きさを計りたくなったりと、自然と数字が身近になってくるかもしれません

HAYのショップはデンマーク国外にシッピングしていませんが、WOODEN RULERの一部はコチラから購入可能です。

WOODEN RULER [HAY]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking