SHARE

3Dプリントだからって、カチコチのものだけじゃなく、工夫次第で風になびくお洋服だって作れるんだ。

150819danit01

ということを証明してくれた、イスラエルのシェンカー大学でエンジニアリングとデザインを学んだDanit Pelegさんによる「3D Printing Fashion」。レースのような細かな設計によって柔らかさを表現できる、なんとなく未来を感じさせるデザイン手法です。

150819danit03

レーザーカット加工や3Dプリンティングといった先進技術をファッションに生かすという彼女のスタイルは、お裁縫ができない人でもテクノロジーの力でお洋服をデザインして着こなすことができるという、夢のような世界を切り開いてくれそうです。

150819danit04

様々な素材やプリンターマシンを試し、ポリ乳酸(PLA)という素材に行き着いて最初に作った赤いジャケットは、もろくて着心地の悪いものでした。その後も9ヶ月に渡って実験と改良を重ね、Filaflexという新素材が有効であるとの結論に。Witboxという3Dプリンターを使って2000時間をかけて満足の行く赤いジャケットに仕上げたそうです。

150819danit02

ファッションショーも開催し、注目を浴びています。自由なデザインが可能ですので、自分だけのオリジナリティー溢れるファッションを作れますね。

さらなる技術革命と経験が、ファッション業界を大きく変えるかもしれません。想像もできなかった服飾が現れるというだけでなく、専門知識がない一般人でも自分の体型に合わせて自宅で3Dプリントによる服作りができる時代が来るとしたら、ワクワクしてきます。

洋裁と3Dプリント技術、どっちを習得する方が楽なのかという議論はやめておきましょう。少なくとも不器用な自分でも服が作れたら面白いな、と。

[DANIT PELEG]
danit peleg 3D prints entire graduate fashion collection at home [via designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense