Silver 69, 2000
Wolfgang Tillmans / Courtesy of Wako Works of Art, Tokyo

強いインスタレーション性をもった展示手法をとることで知られ、現代写真表現の先駆者として多大な影響を与えているヴォルフガング・ティルマンス。西日本では初となる大規模な個展が国立国際美術館で開催されています。

150818wolfgang-02

Sendeschluss / End of Broadcast IV, 2014
Wolfgang Tillmans / Courtesy of Wako Works of Art, Tokyo

Wolfgang Tillmans ヴォルフガング・ティルマンス

1968年ドイツ、レムシャイト生まれ。1990-92年 ボーンマス&プール・カレッジ(イギリス)美術・デザイン専攻。現在、ベルリンとロンドンを拠点に活動。

1980年代後半より写真の発表を開始。1988年ハンブルクのカフェGnosaで初個展開催。その後、雑誌『i-D』などへの寄稿も行い、90年代には当時のユースカルチャーを象徴する存在になる。

90年代と2000年代のほとんどの時期はロンドンを拠点に活動。2000年にはターナー賞を受賞し、以後、世界を代表する写真家の一人として精力的に活動を続けています。

150818wolfgang-04

young man, Jeddah, b, 2012
Wolfgang Tillmans / Courtesy of Wako Works of Art, Tokyo

ティルマンスが撮影対象とした特徴的なモチーフは、街頭の若者や身近な友人たちのポートレート、またセクシュアリティーやジェンダーといった今日的なテーマへの問いかけなどがあり、私的な部分と社会的な要素が混在したものが見受けられます。

そのときどきの時代の精神を写真によってつかみ取ろうとする彼の姿勢は、不変のものとして見出すことができます。

150818wolfgang-05

waste power station, 2011
Wolfgang Tillmans / Courtesy of Wako Works of Art, Tokyo(参考図版)

近年、写真集『Neue Welt』(新しい世界)を発表したティルマンスは、世界各地で発生している事象や世界を旅する途中に彼の視線の先がとらえた場面を、イメージの群として表現しています。

政治経済の問題や技術の進歩といった、この地球上で繰り広げられている様々な出来事に対する自身の見解を示すことを試み、新たな展開を見せました。

150818wolfgang-03

paper drop Prinzessinnenstrasse, a, 2014
Wolfgang Tillmans / Courtesy of Wako Works of Art, Tokyo

本展では2004年に東京オペラシティアートギャラリーで開催されて以来、国内の美術館では11年ぶりとなる待望の個展。これまでに出版されたティルマンスの写真集をすべて展示しています。

また当館のためにティルマンス自身がデザインした展示空間において、日本初公開となる多数の写真作品など近作・新作を中心に約160点を出品。日本ではほとんど見る機会のなかった映像作品2点も紹介しています。

ティルマンスの視線の先にあるもの、私たちが生きるこの社会の真の姿をその目で見つめてみませんか?

ヴォルフガング・ティルマンス Your Body is Yours
会期:2015年7月25日(土)~9月23日(水・祝)
会場:国立国際美術館
所在地:〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55
TEL:06-6447-4680(代)
開館時間:10:00~17:00(入場は16:30まで)金曜日は10:00~19:00(入場は18:30まで)

*画像転載を禁止いたします

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking