キッチン、ベッド、バスルーム、キャビネット、クローゼット…。

150814cubitat01

家の機能として必要な設備を「箱」に収めてしまった「Cubitat」が、未来の家の概念を覆すかもしれないぞ…?

150814cubitat02

イタリア人プロダクトデザイナーLuca Nichettoさんとトロントの開発業社Urban Capital社が共同開発したモジュラーユニットで、つまりは例えば倉庫のようなだだっ広い空間にこのモジュールさえ入れてしまえば、生活の様々な機能は満たされるよね、というコンセプト。

150814cubitat06

150814cubitat03

トイレ・風呂・洗面所や台所などの「水回り」は、一軒家を建てる時にもなるべく一箇所にまとまるようなレイアウトにしたりと建築家は苦労することもあるらしいのですが、つまりそうした機能全てに加え、クローゼットやベッド、カウンターまでもが一つにまとまっています。テレビのキャビネットまで。

150814ECcubitat

「設備」って部屋ごとにバラバラだったりするのが基本だと思っていましたが、設備機能を一つにまとめてしまうという考え方が実現すれば、これからの住宅のあり方にもまた選択肢が増えるかもしれません。

150814cubitat05

2015年の1月までトロントで開催されていたインテリアデザインショーでお披露目されたこのプロダクト。この先、市場にどのように受け入れられていくのか、興味深いものがあります。

CUBITAT [Urban Capital]
Cubitat is a plug-and-play version of a home you can take with you when you move [via inhabitat]
The Cubitat Shrinks an Entire House Into One Compact Cube [via THE EYE]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking