知っているようで知らないことって結構あったりします。

例えば、日本各地の名産品。有名どころは知っていても、「実はこんなにおいしいものがあるんですよ」と、知る人ぞ知る魅力的な食材や地酒に出会うと日本の魅力がまだまだたくさん隠れているのだなと実感します。

そんな47都道府県のおいしいメニューを提供するレストラン「47DINING(ヨンナナダイニング)」が、WACCA池袋5階にある食のイベントスペース「キッチンスタジオLupe内」にオープンしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらでは、定番メニュー約30種、季節メニュー約10種のほか、各地の地酒やスパークリング日本酒を楽しむことができます。

明るい照明と植物で演出された店内は、ゆったりとした印象です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは、「47DINING」を運営されている株式会社47PLANNING代表取締役の鈴木賢治さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「47都道府県を独自の食と文化を基に活性化する」という企業理念で2009年に設立された同社は、東日本大震災後に被災地の生産者の支援や商店街の再生を目指して福島県いわき市駅前に「夜明け市場」を開設。

福島県の農家を活性化したいとの思いから、福島のお米と食材を使ったライスバーガー「こめて」や、福島産の野菜と氷でできたスムージー「Hyaccoi(ひゃっこい)」の開発を手掛けたほか、「47DINING」の前身となるお店「47DINING福島」を杉並区高井戸にオープンしました(現在は閉店)。

食べる47都道府県”をコンセプトにしている「47DINING」だけあって、店内には日本各地から届いた新鮮な貝類や野菜、地酒が並んでいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私がお伺いしたこの日、一部メニューを試食させて頂きました。おしながきには、宮崎県産のローストイノシシや、宮城県産のムール貝、福島でとれた野菜を使ったメニューが8品も。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずテーブルに並んだのが、「モロッコハウスの低温調理ローストイノシシ」(宮崎県諸塚市)、「カラフルトマトのコンポート」(福島県いわき市)など5品。カラフルな前菜の盛り合わせは気分を盛り上げてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて運ばれてきたのは、大きなガラスのボウルにたっぷり入った「ムール貝の白ワイン蒸し1キロ盛り」。これだけ入って1,780円と良心的です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宮城県石巻から届いたムール貝は、身がプリップリでジューシーで、しっかりと磯の香りもあって美味。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

福島県いわき市の名酒「又兵衛吟醸」と一緒に次に頂いたのは「雄勝産牡蠣の酒蒸し」(宮城県石巻市)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一般的に牡蠣は冬が旬だと言われますが、雄勝の牡蠣は産卵前に栄養をたっぷりと蓄える5~8月が食べ頃なのだそうです。その通り、歯を押し返してくるくらい肉厚で、鮮度抜群でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは、「恋し浜ホタテのフライ」。岩手県大船渡市の小石浜でとれた「恋し浜ホタテ」は、築地市場でホタテとして最高値をつけたことがある三陸の海の幸を代表するブランドで、驚くほど肉厚です。口の中にじゅわ~っと広がるホタテの旨みに夢中になる方も多いのだとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして締めは、「幻の三春そうめん」。一般的なそうめんとは違って、平たい形状が特徴です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひんやり冷たい麺つゆをかけ、ミョウガと小ネギと一緒につるつるっと頂きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回私が頂いたのは、「47DINING」で提供しているメニューの一部です。今後は、秋田県、兵庫県などの地域メニューを展開するそうなので、ぜひ47都道府県のおいしさを味わってみてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

47DINING
所在地:東京都豊島区東池袋1-8-1 WACCA池袋5F キッチンスタジオLupe内
※キッチンスタジオLupeにてイベントがある場合はそちらが優先されます

Photographed by 岡本英子

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking