ベルギー第2の都市アントウェルペンにある、「世界一大きな外開き窓」を誇るLALOビルディングハウスのダイニングキッチンが広そうで明るそうで開放感に溢れてていい。

150807lalo01

150807lalo03

ベルギーの建築チームSculp ITによるデザインなのですが、家の1階の吐き出し窓が、なんと3階まで届く高さ6メートルのジャンセンの一枚ガラス。

150807lalo04

両開きなので2枚あるのですが、つまり3階まで吹き抜けという大空間に、その全てを外庭と一体化させる超巨大な窓があるという家なんです。

150807lalo02

閉じられた状態ではつまり「透明な壁」ということになりますよね。そりゃ明るい。とってもオープンなキッチンで調理して、とっても広いダイニングでお庭を眺めながらのびのびと食事やプライベートタイムを楽しむ。夢のようです。

150807lalo05

こんな場所ならまるでガーデンパーティー並みの開放感でホームパーティーを楽しめますね。日曜日に毎週集まりたくなっちゃいそうです。

Verrijdbare betonnen keukeneiland [SCULP [IT] ARCHITECTEN]
Sculp IT adds “world’s largest pivoting window” to an Antwerp townhouse [via dezeen]
Private dwelling LALO Antwerp [via ODS Jansen]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking