これは便利!

キャンプなどのアウトドアで、明かりの代わりであったり、お料理をしたり、暖をとったりと火をつける場面はありますよね。

でも、いざ火をつけようとしたら、ライターがどこかにいってしまっていたり、もしかしたら、マッチが湿っているなんてこともあるかもしれません。

そんな時に活躍しそうなのが「Firestarter Paracord Bracelet」。

150805ECFirestarter Survival Bracelet6

パラシュート用に使われる丈夫なコードで作られており、約250kgの重さに耐えることが可能なのだそうです。紐をほどくと3mになるので、木に巻いて、簡易テントなどを張ることもできるのだとか。

そして、留め金の金属部分を火打石のように強く打ちつけると火がつく仕組みになっています。

アウトドアでたき火をしたい時にはこんな風に使います。

150805ECFirestarter Survival Bracelet1

まずたき火を設置するためにまわりを綺麗にして準備します。

150805ECFirestarter Survival Bracelet2

木の枝など燃えやすいものを集めて、たき火ができるようにまとめます。

150805ECFirestarter Survival Bracelet3

ブレスレットを外します。

150805ECFirestarter Survival Bracelet4

こすり合わせて火をつけます。

150805ECFirestarter Survival Bracelet5

着火!

動画はこちら。



現在、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達中です。

シンプルなブレスレットなので、普段から身に着けておき、必要になったら、サッと使う。

カッコよくて、役に立つ。これはいい!

Firestarter Survival Bracelet[Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense