「日当たりの良い部屋に住みたい!」

「料理が好きだからキッチンは3口がいい!」

「プロジェクターとスクリーンの大画面で映画が観たい!」などなど、お部屋についての理想や希望ってたくさんありますよね。

…でも、それって本当に「理想」ですか?

たとえば、こんなお部屋はどうでしょう?


アザラシや魚と一緒にパーティーできる家

parseimg-4

なんともインパクト大な、お部屋の中心に水槽がある「アザラシの水槽があるギャラリーハウス」

「たくさんの人が集まると思いました」と語るのは、このコンセプトを考えたインダストリアルデザイナーの齋藤千文さん。夜のライトアップも見てみたい!


小さい庭を持つのではなく「大きな庭をみんなで使う」という発想

parseimg-7

マンションでそれぞれの部屋に裏庭を。それもみんなでシェアして公園みたいな庭を!というコンセプトが、この「ガーデンシェアリング」

これを考えたアウトドア派美大生の吉田健人さんは「マンションに住んでても、隣人とのコミュニケーションは大事。思わず会話が生まれる空間が必要だと思います」とのことですが、子供にとっては家を飛び出てすぐに遊び場という夢のようなマンションです。


あの娘はあの星のどこかで笑っているかな?

parseimg-5

「マンションの醍醐味は眺望」と言う服飾専門学生の池田達樹さんが考えた住まいは「地球を眺める月面マンション」

「今まで見たことのないような眺望の場所に住みたい」という願いは地球を飛び越えて、月まで行ってしまいました。大きな窓から地球を眺めながら、何を話そうか?


まるで屋外!木のある場所に家を建てて、木といっしょに住むおうち

parseimg

「植木を家のまわりに後から植えるのではなく、木のある場所に家を建てたい」と話す、この春に美大を卒業したばかりの五味春佳さん。

彼女が考えた住まいは「真ん中に木のある家」

広い天窓、そして木を中心にくつろげる本棚や木陰のテラスが、家の中なのにまるで公園にいるよう。


DJのように料理をする!それが爆音キッチン

parseimg-6

まるで宇宙船?

いえいえ、これは音楽が趣味のカップルbonzo+HALUさんが考えた「爆音キッチン」です。

前面の壁にスピーカーが埋め込まれているこのキッチンは「同じ空間で二人の共通の趣味を楽しみながら、それぞれが思い思いのことをしていたい」という願いから生まれたもの。

どこか映画『マッドマックス 怒りのデスロード』を連想させる、ダイナミックなアイデアですね!




理想に制限なし!まだまだある、みんなの夢の家

以上、みんなの“理想の住まい”を紹介しましたが、いかがでしたか?

理想を聞かれても、つい実現性を考えて控えめになりがちですが、想像に限界なんてありません。未来をつくるのは強いヴィジョンです。

もちろん最終的には現実に着地させるわけですが、やはり原動力は願いから始まるものですよね。

Unknown-3

実はここで紹介した5つの理想の住まいは、伊藤忠都市開発のマンション「クレヴィア」が、ブランドの持つ「創造の想い」「信頼の価値」という思想を形にするために行ったキャンペーン「CREVIA CREATIVE CHALLENGE」に集まった作品たちなんです。

キャンペーンサイトには、全24人の参加者が自由に考えた作品たちが制作風景の動画と一緒に紹介されていますので、是非ご覧ください。

「LDK」という間取りの発想から自由になりつつあると言われる日本の住宅。その未来がここにあるのかもしれません。

[CREVIA CREATIVE CHALLANGE]
[伊藤忠の住まい]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking