1日で出来る糸の量は約10kg。

ガラ紡機という紡績機で紡がれた糸を紡ぐスピードは大変遅く、約10kgは大判ストールで換算すると約25枚分程しかありません。

これが「Suno&Morrison」のメイン素材のひとつ、ガラ紡です。

ガラ紡機は、明治時代後半に日本で考案された最も古い日本製の紡績機。もともと繊維品が貴重だった時代に糸くずなどの繊維のごみを糸として再生するためにつくられました。

150807suno-03

一時期は普及していたガラ紡機ですが、量産型の紡績機の影響で徐々に衰退し、現在は2、3台が稼働しているのみとなってしまいました。

しかし現代の紡績では決して真似することのできない、ガラ紡ならではの風合いをSuno&Morrisonはオーガニックコットンのガラ紡を中心に、インドやタイの手紡ぎの糸から製作しています。

150807suno-04
150807suno-05

普段の生活の中に溶け込むような、側に置いておいて気持ちのよいもの。そばに置きたくなるもの。大量に作ることは出来ない、人の手を感じられるもの。ずっと使い続けたいもの。

ゆっくりゆっくりと紡がれることで空気を含み、柔らかくて軽い、まるで手紡ぎのように素朴なムラ糸が仕上っています。

150807suno-06
150807suno-07
150807suno-08

Suno&Morrisonで使用しているガラ紡は、原料がオーガニックコットンの落ち綿。落ち綿とは現代の紡績機では糸になりきれず無駄になってしまった短い繊維のことで、通常の綿の原料のものに比べて柔らかく、肌あたりの優しい風合いの生地になっています。

出産祝いやプレゼント、自分への贈りものに。明治時代後半に活躍したガラ紡の空気を感じながら、ぜひ触ってみてくださいね。

Suno&MorrisonSuno&Morrison Online Store

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking