地球の資源を減らさず、自然の力を借りて、エネルギーをつくることができたなら。

風力発電、太陽光発電、地熱発電などは、私たちが「利用する以上に絶えず資源が補充されて枯渇することのない再生可能なエネルギー」といわれています。

各国や企業、自治体などがこのようなエネルギーを創り出すことに取り組んでいますが、一方で、自分の家で太陽光発電などをしていない限りは、あまり身近でないことに感じてしまうこともあるかもしれません。

150804ECsunport1

でも、どうやら、太陽光発電パネルを設置しなくても、自宅やオフィス、カフェなどのコンセントにさすだけで太陽光発電をした電力を使えるようになるという電源アダプタがあるようなのです。

150804ECsunport2

それが、「SunPort」

このアダプタをコンセントに差し込んで、そこから電気を利用します。

150804ECsunport3

スマートフォンで電力の管理や状況を確認することができます。

使った電力をSunPortが計測し、その利用量に基づいて、太陽光発電のクレジットを購入することになります。

そして、利用者がクレジットを購入したお金を使って、太陽光発電のシステムがつくられるという仕組み。

つまり、直接、太陽光発電でつくられた電気を使うのではなく、使った電気料金を太陽光発電の普及と発展のために使うことで、間接的に太陽光発電を利用する形となるのだそう。

「SunPort」は、現在、クラウドファンディング「KickStarter」で資金調達中です。

今のところ、アメリカ合衆国のみの対応とのことですが、将来、世界各国で対応される日が来るかもしれません。

「自分が使うエネルギー」を選択する時代がすぐそこに!

SunPort [KickStarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking