夏休みの自由研究。毎年何をやるのか子どもと一緒に悩む人も意外に多いですよね。そんな時は、自分で削ってお手軽に作れるお箸のキットはいかがでしょう?

東京のスギとヒノキを使った「KINO つくるキット はし」は、小刀やカッターを使って、自分だけのカトラリーを作ることができます。

ヤスリや布、ミツロウワックスがセットになっていて、仕上げまでキットひとつでできるので、簡単に自分だけのモノ作りが出来てしまうんです。

一生懸命自分で削った物は、形が少し不格好でも世界で一番の宝物になりそうですね。

20150802hashi02

しかもこのキットの木には少しお話が。

戦後の経済成長にともなう大規模な住宅建材の需要にこたえるため、東京の山には大量に木が植えられました。しかし、現在では、外国産の安価な木材が普及し、国内産の木材の需要が低下し放置された木材は、花粉症対策等で伐採が進められています。

そんな東京の山の木を、積極的に使い商品化することで、東京の山の再生をお手伝いしている「KINO」の木材を使ったカトラリーの手作りキットなのです。

木についての話しも子供と一緒にして、社会勉強にもつながりますね。

20150802hashi03

他にもスプーンやフォークもあるようです。

親子で、工夫しアイデアを出し合い、モノを「つくる」愉しさを感じ取ってほしい。そんな商品です。

KINO つくるキット はし[ARIGATO GIVING]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking