SHARE


代官山駅を降り、おしゃれなメゾンを横目に並木橋を目指して歩く。ガソリンスタンドを曲がった先に、緑が溢れる建物「SodaCCo」が現れます。

その2階に、サンドイッチ&カフェ「Bird」があります。

20150803roomie_bird_1

代官山のカフェ、と聞くとモダンな内装で、入るのに少し緊張するお店かと思いきや、ここは少し違います。そこはまるで、「公園でピクニックをしているような感覚が味わえるカフェ」なんです。

一体どんなカフェ? まずは料理から紹介していきます。

肉・魚・野菜。シンプルな3種のサンドイッチ

20150803roomie_bird_2

サンドイッチはわかりやすく、肉・魚・野菜の3種類です。季節によりメニューは変わりますが、基本のサンドイッチメニューはこの3つです。

20150803roomie_bird_3

お肉のサンドイッチは、天然酵母バゲットに、塩豚のオレンジ煮込み、ベトナム風なます、パクチー、ゆで卵が入った、アジアンテイストのサンドイッチ。

20150803roomie_bird_4

お魚のサンドイッチは、ハーブフォカッチャ、カジキマグロのハーブマリネ、季節の柑橘、くるみとクリームチーズのディップ、人参のラペ。

20150803roomie_bird_5

お野菜のサンドイッチは、ハーブフォカッチャ、季節のグリル野菜、バルサミコと赤ワインのソース、フムス。

20150803ECroomie_bird

サンドイッチ以外にも、キッシュや肉と野菜の2種類のラップサンド、フルーツサンド、たまごサンドがあります。



芝生が敷き詰められた、まるで公園のような店内

20150803roomie_bird_7

「ピクニックをしているような感覚が味わえるカフェ」。その理由は、内装にあります。店内に入ると、そこには一面芝生が敷かれた空間。屋内ながらも、春先の緑いっぱいの公園にいるかのようです。

20150803roomie_bird_14
20150803roomie_bird_8
20150803roomie_bird_9

テーブルと椅子も用意されていますが、芝生に直に座ってもいいとのこと。クッションや低めの椅子が用意されており、椅子をテーブル代わりに、芝生に座って、自分なりのリラックス空間を作っている方がいました。お客さんが過ごしたいように過ごせる空間です。

20150803roomie_bird_10

壁一面の本棚には、松陰神社前にある古書店「nostos books(古書ノストス)」セレクトの本が並びます。ファッションやアート、中には錯視の本まで多種多様です。こちらは、すべて購入可能です。

20150803roomie_bird_11

また、店内のメニューボードや備品は、さまざまなアーティストが手がけたもの。こちらは、廃校になった学校の体育館の床材を使用したチョークボード。静岡の藤枝にある洋服屋「CO.NNECT」によって手がけられたものです。

20150803roomie_bird_12

こちらは実際に体育館で使われていた照明です。

20150803roomie_bird_13

サインペインター「Pelt Sign」によるアートピース。

20150803roomie_bird_15
20150803roomie_bird_16
20150803roomie_bird_17

サインペイントやチョークアートも見られます。備品一つ一つ見るのも、Birdの楽しみ方のひとつです。

20150803roomie_bird_18
20150803roomie_bird_19

テラス席もあります。直接陽が当たらないようにサンシェードがあるので、夏でも気持ちいい時間が過ごせそうです。



「サンドイッチはクリエイティブな食べもの」

オーナーは、松陰神社前でカフェSTUDYを運営する、鈴木一史さん。メインメニューにサンドイッチを選んだ理由は、

サンドイッチは、何を挟んでもいい。それがすごいクリエイティブだなと思って。

といいます。

20150803roomie_bird_20

料理の素材にはこだわっており、鈴木さんの知り合いが手がけたものを使用しています。野菜は、旅する八百屋「青果ミコト屋」と青山ファーマーズマーケットにも出店している「サニープロダクツ」、パンは鎌倉農協連即売所にお店を構える「PARADISE ALLEY BREAD&CO.」と世田谷区野沢の「BOLSO」のもの。

基本的に、仕入れる食材は信頼をおける人から入れています。だから、その他の素材にもこだわりたいと思い、例えば、フルーツサンドに使っているジャムは、自家製で作ってます。出来合いのものを使って出すのはやりたくなくて。そのほうが、お店としてのメッセージをお客さんに伝えることもできますから。

このユニークな内装については、

元々始めるなら、サンドイッチ屋をやりたいと思っていました。それで、サンドイッチを食べるなら芝生でしょ、と。それでこの空間ができました。

とのこと。

20150803roomie_bird_21

決まったテーブル、椅子に座らなくてもよいフリーアドレス制、公園のような内装。ピクニック気分が味わえるのは、そんなBirdの自由な空間にあります。

いままで味わったことのないカフェが、ここにはありました。

Bird
住所:東京都渋谷区代官山町9-10 2F
時間:9:00-19:00
定休日:水曜日
wifiあり
TEL:03-6416-5856

Photographed by Kenta Terunuma

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense