SHARE


季節に合わせて、気分に合わせて、インテリアに合わせて、チェアの座面も模様替えしてみませんか?

京都の家具店・finger marksではじまった、『スペア座面』プロジェクト

20150722EC001

通常「チェアの座る部分=座面」は、一脚のチェアにひとつがセットになっているのが基本ですが、この新プロジェクトは「座面をふたつ持っていたらもっと楽しいかも!」という発想から生まれた、まったく新しい試み。

20150722003
20150722004

こちらは、夏らしいビンテージ風アロハ柄のファブリックで張った、オリジナルチェア・pint-Fのスペア座面。

普段なかなかトライしにくい色柄も、スペア座面なら気軽に挑戦できちゃいます。こんな風に、お気に入りのファブリックを持ち込んで張れば、世界でひとつだけの座面のできあがり!

20150722005

もちろん、オリジナルセレクトの張地の中から選んでいただいてもOK。

20150722006

椅子張り職人が工房で行う座面の張り替えとは違い、座面の交換は、ドライバー1本で手軽にできてしまうのも嬉しいポイント。

20150722007

オンラインショップでは、オリジナルチェア5種に合うそれぞれの専用座面を販売中。チェアとセットでも、座面のみ単体でも購入可能です。

座面に適した生地・適さない生地がありますので、張地をお持ち込みの場合は事前にfinger marksまでご相談を!

『スペア座面』プロジェクトfinger marks

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense