SHARE


デジタルファブリケーション

それは、レーザーカッター、3D プリンター、CNC等、コンピューターと接続されたデジタル工作機械を用いて行われる、新しいものづくりのこと。デジタルものづくりのための機械が次々に生まれ、テクノロジーの進化はついに、ものづくりの領域までも大きく変える時代に入りました。

大量生産やマーケットの論理に制約されない「FABrication(ものづくり)」から、どんなモノが生み出されるのだろう?

デジタルファブリケーション領域の優れた挑戦を表彰するグローバルクリエイティブアワード「YouFab Global Creative Awards 2015(以下Youfab)」がスタートしました。

デジタルファブリケーションのテクノロジーは、ビジネスも人生も未来も世界も変えられるものかもしれません。

でもそこに欠かせないのは「クリエイティブ」の力。

すぐれたイノベーションも、発明も、「何をクリエイトするのか」「どうクリエイトするのか」の視点なくしては人々の心を魅了することもないのです。

Youfabでは、デジタルファブリケーション領域の価値向上と活性化をクリエイティブという側面から、アワードという活動を通じて、そしてグローバルな枠組みで推進しています。

20150715_youfab2

2014年度のYoufabでは、世界27ヵ国から143作品の優れた作品が集まりました。

2014年度のグランプリ作品は、AKI INOMATAさんの「やどかりに「やど」をわたしてみる」。ヤドカリのやどをスキャンし、都市のデータを加えて3Dプリントした上で、ヤドカリが気に入れば引っ越してもらうという作品です。

審査員は、慶應義塾大学SFC准教授 田中 浩也氏、クリエイティブキュレーター 四方 幸子氏、ライゾマティクス 齋藤 精一氏、ほか台北やバルセロナ、バンコクを代表するクリエイターや識者の方々。応募カテゴリーは「PRODUCTS」「ART」「MACHINES」「HACK」「BEYOND」の5つ。

20150715_youfab4

エントリー受付期間は、2015年7月1日から2015年9月30日まで。写真のYouFabのトロフィーは、国内外で精力的に活動を繰り広げる彫刻家、名和晃平氏によってデザインされました。

われこそは!という方はぜひ応募してみてはどうでしょうか。

YouFab Global Creative Awards 2015

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense