みなさんは「ステレオタイプ」という言葉をご存知ですか?

ステレオタイプとは何か物事や人物に対して持たれている固定概念やレッテル、認識のことをさします。

簡単な例でいうと、日本人のステレオタイプは常にカメラを首から下げていてことあるごとに写真を撮りまくる、写真大好き人間というものです。

多くの外国人達がそう思っているので、日本人が他の国の人々のようにデジカメやスマホを取り出し写真を撮るだけで「あ、やっぱり日本人だな」と思われてしまうのです。

151713london

このような具合にイギリス・ロンドンに暮らすロンドナーたちにもステレオタイプがあり、それはなんと「ロンドナーは不親切」というもの。

筆者はロンドンに4年間暮らしていますが、「ロンドナーは不親切」なんて一度も感じたことはありません。

むしろとてつもなく親切な人々が多く、感心させられることの方が多いくらい。ただ、やはり運悪く不親切な人達に出会った人達も多いようで、世界的には、ロンドナー達はこのようなレッテルが張られてしまっているようなんです。

そこでこんな不名誉なステレオタイプを撤回するべくロンドンの街でさまざまな実験が行われ、それが1つの動画にまとめられていたので、その動画を皆さんにご紹介したいと思います。

150713Londoner

動画のコンテンツは

1.重たい荷物を担いでいるおばあちゃんを助けるかどうか

2.電車の中で「○○の駅についたら起こしてください」という紙を持って眠っている人を起こすかどうか

3.持っていた荷物が全て散かってしまった人を素早く手伝うかどうか

ね? ロンドナーはちっとも不親切じゃないでしょ?

私はそう自信を持って言いたいです。あと、”飯マズ大国”なんて言われているイギリスですが、実はたくさん美味しいご飯もあることもお伝えしておきたいです。

この動画を見た後、「今日は1つでも誰かのためになることをしよう」と思えちゃうはずです。

Photographed by Shutterstock

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking