現代人にとって、デスクワークは。たとえ座り続けることが健康に良くないとわかっていても…。

150708end01

だったらこれまで座って作業していたオフィス環境を、立ったり寝そべったり座ったり寄りかかったりと自由な体のポジショニングを可能にしてくれるこんな場所にしてみるのはいかがでしょうか?

150708end02

150708end03

オランダ人のビジュアルアーティストBarbara Visserさんとアムステルダムの建築スタジオRAAAFが具現化したコンセプト「The End of Sitting」。まるで迷路のような「溝」でできた独特の空間で成り立つ、逆転の発想のようなオフィスのスタイルです。

150708end06

心地よい角度のスペースに収まって、リラックスできる姿勢でPC作業も物書きも資料読みも。椅子に座って机に向かうという従来の形ではなく、最も自分らしい姿勢で作業できるわけです。

150708end04

150708end05

アムルテルダムのLooiersgracht 60 Galleryにあるインスタレーション。まだコンセプトの展示という感じですが、こんなスペースが仕事場として実現したら間違いなくワークスタイルが変わりますね。

The End of Sitting [vimeo]
The End of Sitting 1:1 [Barbara Visser]
RAAAF + barbara visser reject seating in the workplace with faceted installation [via designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking