稲崎 吾郎

稲崎 吾郎


マイケル・ジャクソンの曲を聞いたとき、彼のようなダンスを踊りたいと心から思ったというNelandさん。そのとき、心の声が聞こえたそうです。

だったら、ダンスを練習しなさい。

そのお告げを聞いた後から、Nelandさんは毎日休むことなくダンスの練習を2年つづけます。そして2年間の集大成としてタイムラプス動画を公開したのですが、ビックリするぐらいキレッキレなダンサーに大変身!

はじめはムーンウォークを練習していたはずなのに、半年後ぐらいから少しずつオリジナル要素が入ってきます。服装やダンススタイルもどんどん変化していき、なぜかマイナス20度という極寒の地でもダンスを披露しています。

最後は、もはや神がかり的! でも、カッコいいというより、なぜだか笑いがこみ上げてきます…。

残りの人生で、今日が一番若い日。

そんな格言もあるように、何かを始めるに遅いなんてことはありません。あなたも今日から何かにチャレンジしてみませんか?

[Unbelievable 2 Years Dance Journey]

稲崎 吾郎

神戸生まれ。アート/インテリア/ライフスタイルを中心に様々なメディアで執筆活動を続けるフリーランスライター。数十社以上のメディアでの企画/編集/執筆にかかわり、オウンドメディアや記事広告で制作したタイアップ記事は数百本以上。幅広いフィールドで執筆活動を続けている。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking