歴史的な町家が多く残された熊本市中央区に位置する新町。ここは加藤清正が熊本城の築城とともに造った城下町で、地元の人々だけでなく遠く大阪や名古屋からも多くの人が移り住んできたとか。

近年は古民家を再利用する動きが活発で、様々な店に変わっていく歴史と文化が溢れた熊本の町のひとつです。

150705zirou-05

ここ新町で1872(明治5)年、「熊本県内の子供へ、一人残らず教科書を届ける」を使命とし、長﨑家の次男である次郎が教科書の取り扱いを開始。2年後の1874(明治7)年には長崎次郎書店を開業しました。

文豪・森鴎外は『小倉日記』のなかで「書肆の主人長﨑次郎を訪ふ」と記されています。また、旧制第五高等学校(現・熊本大学)で教鞭を執った夏目漱石やギリシャ出身の小説家、小泉八雲も訪れたといわれています。

150705zirou-09
150705zirou03

2013年に一時休業していましたが、レトロな外観はそのまま1階は書店、2階は喫茶室として内装を一新し、創業140周年目の節目である2014年7月31日に再開しました。

150706_jiro01

長﨑次郎喫茶室はもともと住居と事務所だった部屋を改装し、客席数35の憩いの空間に生まれ変わりました。

天井梁や窓枠、柱などは建築当時のもの。天井東側には琉球王国伝来の龍の欄間も配しています。西洋と中国が融合したような異国情緒漂う外観は、大正13年、建築家・保岡勝也氏の作です。

150706_jiro02

日本で一番古いオルガンである山葉寅楠(ヤマハミュージックジャパン創業者)が製作した日本初のオルガンも展示。

150705zirou-06

古い物に囲まれる中、新しく設置したピカピカのピアノはミニコンサートに使用する予定とのことです。喫茶室にあがる階段の奥の部屋にはギャラリーも備えています。

150705zirou-07

今なおその歴史が息づく町で一度は休業したものの、様々な人々の想いに応えて再開された長崎次郎書店

二階の窓から路面電車を眺め、お気に入りの一冊を手に、こだわりの珈琲を飲む。

味わい深いその空間を、この夏訪れてみませんか?

長崎次郎書店
住所:〒860-0004 熊本県熊本市中央区新町4丁目1−19(新町電停下車すぐ)
電話:096-326-4410(さーじろーしょてん)
E-mailでのお問い合わせはこちら
休日:元旦・藤崎宮秋季例大祭当日
営業時間:11:00~20:30
長﨑次郎喫茶室
住所:熊本市中央区新町4丁目1-19 2階
電話:096-354-7973
営業時間:11:26~18:26
定休日:水曜日

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking