キース・ヘリング、リキテンスタイン、アンディ・ウォーホル。

1960年代~2000年代を彩った作品約100点を集結させた展覧会「ポップ・アート 1960’s → 2000’ s FROM MISUMI COLLECTION」が7月25日(土)から熊本市現代美術館にて開催されます。

第2次大戦後、アメリカ美術はヨーロッパの影響からの自立を目指して、独自の表現を模索していきます。それらの表現を世界に向けて発信していく中で、そのなかでも絵画は大きな役割を果たしました。

日本国内のミスミ・コレクションもその革新性に満ちたアメリカ現代美術に焦点を絞ったひとつ。そのコレクションは先見性にあふれた個性的なコーポレートアートとして高く評価されています。

150704marinaronni

マリーナ・カポス≪059,ロニー,2002≫


今回は質の高い版画作品と若手作家による新鮮な絵画にスポットを当てた豊かな収集群であるミスミ・コレクションだけでなく、九州の公立美術館の優れたポップ・アートのコレクションもご紹介。

絵画作品を中心にウォーホルリキテンスタインなど約30作家約110点が選ばれ現代アメリカ美術の一側面を紹介する展覧会となっています。

熊本にお越しの際は、ぜひ街中の美術館である熊本市現代美術館へ足を運んでみてくださいね!

150704popart-03

ポップアート 1960’s-2000’s From Misumi Collection
会場:熊本市現代美術館
会期:2015年7月25日(土)~9月27日(日)
住所:〒860-0845 熊本市中央区上通町2番3号 びぷれす熊日会館3F
TEL:096-278-7500 / FAX:096-359-7892
開館時間:午前10時から午後8時 (展覧会入場は午後7時30分まで)
休館日:火曜日(火曜祝日は開館し、翌平日休館)

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking