Top image:ゲオルグが妻アンに贈ったクリスマスプレゼントの「赤い手帳」 © 読売新聞社

日本にもファンの多い「リサとガスパール」は、パリ在住のアンとゲオルグ夫妻が描く絵本シリーズ。

イヌでもウサギでもない不思議な主人公「リサ」は、ゲオルグから妻のアンへ贈ったクリスマスプレゼントの“赤い手帳”に描いたイラストがモデルとなっているのだそう。

150704_lisagas5

アン・グットマンとゲオルグ・ハレンスレーベン
© 2015 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

作家プロフィール
ゲオルグ・ハレンスレーベン Georg Hallensleben
1958 年、ドイツのヴッパタールに生まれる。77年、初めての個展を開催、 アメリカの作家ケイト・バンクスと組んだ絵本「おつきさまはきっと」がアメ リカの児童書書評誌「ホーンブック」の 98年最優秀絵本賞を受賞。99年にはアン・グットマンと組んだ「リサとガスパール」シリーズを発表。

アン・グットマン Anne Gutman
1970年、フランスのパリに生まれる。91年から7 年間にわたって、ガリマール社で子どもの本 のデザイナーとして仕事をする。装丁の仕事を通じて出会ったハレンスレーベンから依頼を受けて、 「リサとガスパール」のテキストを担当。2003年から「ペネロペ」シリーズもスタート。ハレンスレーベンと3人の子どもとパリ在住。

今回、絵本シリーズの日本語版刊行15周年を記念し、8月5日(水)から松屋銀座で「リサとガスパール展」が開かれることになりました。

150704_lisagas1

15周年ロゴ © 2015 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

同展では、シリーズ初期の代表作から、日本未刊行の最新作や未公開作品の原画など、約150点が展示されます。

150704_lisagas2

展覧会のための描き下ろし「リサとガスパール@TOKYO STATION」原画
© 2015 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

150704_lisagas7

絵本『リサとガスパール ゆうえんちへいく』原画
Hachette Livre © 2013 Anne Gutman & Georg Hallensleben

150704_lisagas6

絵本『リサとガスパール にほんへいく』原画
Hachette Livre © 2006 Anne Gutman & Georg Hallensleben

150704_lisagas4

ゲオルグがアンに贈った「リサとガスパールのぬいぐるみ」 © 読売新聞社

なんと今回はクリスマスにゲオルグがアンに贈った“赤い手帳”も、日本初公開! 加えて、同夫妻が手がける「ペネロペ」シリーズの原画も展示されるという豪華版です。

今年3月に現地で取材されたゲオルグ夫妻とアトリエの最新映像も公開。

ぬいぐるみやフィギュアなど300アイテムのグッズが購入できるグッズコーナーのほか、リサとガスパール カフェも会期中限定でオープンします。

150704_lisagas3

展覧会限定ぬいぐるみ オリジナル巾着袋付 4,860円(税込み)
© 2015 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

この貴重な機会を、お見逃しなく!

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展
会期:2015年8月5日(水)~8月24日(月) 20日間 会期中無休
時間:10:00 – 20:00(入場は閉場の30分前まで 最終日は17:00閉場)
東京会場:松屋銀座 8階イベントスクエア
入場料金:一般1000円(700円)、高大生700円(500円)、中学生500円(400円)、小学生300円 ※()内は前売り料金
前売り:ローソンチケット、セブンチケット、チケットぴあで8月4日まで販売
お問い合わせ:松屋銀座 03-3567-1211(大代表)

text by 野本纏花

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking