SHARE


ある人たちは、それをゴミだと見て、私たちはそこにトレンドを見るの。

BAG TO LIFEのKerstinさんがトレンドを見いだしたのは、飛行機などで使われるライフジャケットでした。

150705bagtolife01

実際に使ったことのある人は極わずかではないかと思います。でも、このライフジャケット、ビニール製なので、年月がたつと安全性の観点から、新しいものに交換され、古いものはそのまま捨てられます。

いざという時には私たちを救うために、いつでも準備万端なのに、古くなったら一度も使われないまま捨てられてしまう。悲しいですが、しょうがないことです。やはり安全第一ですから。

150705bagtolife02

モデルのJessさんとKerstinさん

BAG TO LIFEはライフジャケットを、アップサイクルして作られたバッグブランド。

アップサイクルとは、ある素材を細かく分解したり溶かしたりして、新たなモノに仕上げるリサイクルとは対照的に、分解せず形そのままに他のモノに生まれ変わることを言うそう。リサイクルは、分解過程で使う機械にかなりのコストがかかってしまうため、コストもそこまでかからずに、捨てられるはずだった素材を活かすことができるアップサイクルという方法が、今注目されています。

それでは、早速BAG TO LIFEの商品たちをご紹介しましょう。

ライフジャケットの色やプリントもそのまま活かした商品がとてもかわいいのです。

150705bagtolife03

プリントがゆるさをプラスするメッセンジャーバッグ

150705bagtolife04

こんなキーリング、アメリカンビンテージ好きな彼にプレゼントされたら喜ばれそう。

150705bagtolife05

シンプルだけれど、イエローが効いているバッグパック。飛行機のモノからできたものですから、やっぱり旅行のお供も得意なBAG TO LIFE。

150705bagtolife06

違う素材を足す事で、イエローがグンとシックになったボストンバッグはかなりステキ。

150705bagtolife07

ライフジャケットの装着方法「穴から頭を入れてください」の指示がうまく合っているアイマスク。他には “FRONT”のプリントのものなども。

150705bagtolife08

コスメポーチ。水に強いし、ぶら下げるられるようになっているので便利。もちろん、毎日の生活にも大活躍です。イエローで明るくしてくれるモノたちも。

150705bagtolife09

自転車に装着するタイプのバッグ。横にリフレクターがついていて、何よりイエローなので夜道も安心できそうです。カゴつきの自転車は嫌だけれど、レザーバッグもちょっとなぁ、というスポーティーなライフスタイルを送る方にピッタリです。

150705bagtolife10

ラップトップケース

150705bagtolife11

タブレットケースは、とても頼りになりそう。

150705bagtolife12

物忘れの多い人も、もう忘れることがなくなりそうなスマホケースなど。

150705bagtolife13

イエローを封印したレッドのポーチもかわいいですね。ちょっと出かける時は、デニムに合わせてこれだけでもかわいいかも。ドレスアップしたい女性向けのバッグもあります。

150705bagtolife14

こちらのバッグは、200g以下と軽量。カラーはたくさん出ているので、色々なコーディネートを楽しめます。

150705bagtolife15

2010年にスタートしたばかりのBAG TO LIFE。ベルリンのファッションウィーク、Bread & Butterにも出展したり、色々な雑誌にも掲載されたりと今後の展開が大注目。2015年にはドイツのデザインアワードにもノミネートされています。

日本のディストリビューターやリテイラー、絶賛募集中とのこと。楽しいファッションで、アップサイクル、日本でも盛んになるといいですね。

現在は、コチラから直接購入できます。

BAG TO LIFE

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense