コーヒー好きならば「シングルオリジン」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

豆の種類が同じというだけでなく、同じ産地でつくられたクオリティの高い豆のことを「シングルオリジン」と呼んでいますよね。

そんな「シングルオリジン」で作られたコーヒー豆を使用するチョコレートがカリフォルニアから日本に上陸しました。

カリフォルニアに工房を構える「Dick・Tailor craft chocolate(ディック・テイラークラフトチョコレート)」は、元家具職人のアダム・ディックとダスティン・テイラーによって立ち上げられたクラフトチョコレート。

150703_IMG_9279

2人の熱い思いがこめられた動画をどうぞ!

カカオ豆のロースト作業には、年代モノのコーヒー焙煎機をカスタマイズして使っています。パッケージの印刷には古い活版印刷機を使用し、すべて手作業で作られる美しいチョコレートです。

製造工程を見ることができるこちらの動画も見てみて下さいね!

家具職人として、緻密な設計や正確な作業といった木工の技術を持つ2人が、今までに培った技術や経験を活かし、失敗を繰り返しながら作り出した「ディック・テイラークラフトチョコレート」。

フェアトレードでシングルオリジンのカカオ豆のみを使用し、産地ごとに異なるカカオ豆本来の持つ豊かな香りや果実味、苦みのバリエーションを見事に引き出しています。

150703_mein_IMG_9393

一般的なチョコレートには、乳成分や油脂など様々な材料が加えられていますが、このチョコレートはカカオ豆とオーガニックシュガーのみで作られています。

ピュアな原料だけが使われているので、カカオ豆のおいしさをダイレクトに味わうことができるんです。

150703_IMG_8316

「シングルオリジン」シリーズは全4種類 57g 1800円+税

こちらのシリーズは、2014年にアリス・ウォーターズがプレゼンターを務める「米国グッドフードアワード」のシングルチョコレート部門で優勝しており、エースホテルなどで販売されています。

「シングルオリジン」シリーズの他に、ドライフィグやココナッツフレークなどのドライフルーツやナッツが入った「インクルージョン」シリーズも販売されます。こちらは、全3種で1,800円+税。

今までにない、カカオ豆の違いを楽しむクラフトチョコレート。ぜひ一度試してみたいですね!

購入店舗や詳細はこちらからどうぞ。

Dick ・Taylor CRAFT CHOCOLATE[Krongthip Inc]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking