目の前にいる動物たちがこの世から絶滅してしまう。そう考えた時、動物たちはあなたの目にどう映るでしょう。

「絶滅動物」たちにフォーカスすることで、これからの地球のことや、人間の振る舞いを考えるプロジェクト『絶滅動物園プロジェクト』。その第一弾として『東山絶滅動物園』フォトブックが作られました。

main_927_690_388

家族の休日の憩いの場であり、大人になっても楽しめるのが動物園。大きなゾウさんや、ユーモラスなチンパンジー、雄々しいライオンや、かわいいペンギンなど…何度足を運んでも飽きることのない動物園。

しかし、その動物園には絶滅に瀕している絶滅危惧種と指定された動物が多いのをご存知ですか? 上でご紹介した4種の動物たちも絶滅危惧種と言われる動物たちです。

『東山絶滅動物園』フォトブックには、愛知県名古屋市にある東山動植物園にいる50を超える絶滅危惧種が撮影されています。絶滅した動物は一切登場しません。

150703_zetsumetsu_01

『絶滅した動物たち』とWikipediaで調べてみると、先カンブリア時代=要するに地球誕生から約5億4200万年前までの約40億年の間に絶滅した生物も記述されています。よく知られた恐竜やマンモス、全てひっくるめて絶滅動物です。

しかしこの写真集での『絶滅動物』とは、「私たち人間の、エゴや欲のために絶滅に追いやった動物たち」です。

150703_EC_lion

時期的に言えば、15世紀の大航海時代の始まりとともに、人間は未知の大陸を侵蝕し、領土を広げ、富や名声のために劇的に今まで培ってきた地球の秩序や自然環境を破壊し始めた時代に遡ります。

それ以降、北の海を巡る「北の大航海時代」や「産業革命」。また「戦争」や「毛皮・嗜好品」といった人間たちの勝手な欲や見栄のために犠牲になった動物たちが、今回の「絶滅動物」です。

150703_zetsumetsu_03

それらの悲劇は昔のことではありません。密猟、環境破壊…、21世紀を迎えた今でもあります。

ゾウは象牙に高値がつくために密猟が絶えず、ゴリラやオランウータンも“開発という美名”のもと住処を追われ、加えてペットのための密猟など後が絶えません。

detail_927_1433325125

絶滅動物>というキーワードを通してその動物の概要を知るとともにその動物たちが絶滅に瀕している理由を知る。

絶滅に瀕している動物であると紹介することで、「おっきいねぇ」「かわいいねぇ」という動物たちが、少し違って見えてくるかもしれません。動物園に暮らす彼らの眼差しの先にある思いを、このフォトブックを通じて感じてみませんか?

このフォトブックは8月27日(木)までクラウドファンディングで購入できます。詳細は、こちらから。

絶滅動物園[Makuake]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking