SHARE


ロンドンのとあるオフィスの天井に取り付けられた、木で作られた波。その中でLEDが光って天井を照らす、間接照明として部屋を彩る、ユニークな照明デザイン「The Wooden Waves」に将来性を感じます。

150625waves01
150625waves03

ラティス(格子)-ヒンジ(蝶番)構造と呼ぶこの技術。「木」をフレキシブルにデザインできるように、レーザーカットにより細く加工した合板を、デジタル設計によって緻密に組み合わせてデザインします。

150625waves02

しかしこの方法で、これまではあり得なかった木の用い方ができるようになります。まるで風になびくスカーフのようなデザインの木製照明カバーはもちろんのこと、インテリアに自由度を与えてくれる新しい発想のデザインが生まれそうです。

150625waves04

フランスの設計スタジオMamou-Mani Architectsと大手工業デザインファームBuroHappold Engineeringのコラボレーションによって誕生した斬新なデザイン技術。いつか日本でも見られる日が来るかもしれません。

設計や製造工程、設営の様子など、様々な写真が掲載されているネタ元サイトもぜひご覧ください。

The Wooden Waves at BuroHappold Engineering [MAMOU-MANI]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense