子供の頃、使っていた絵の具セットの中にピンク色がなくて、赤と白を混ぜて自分好みの色を作りました。他にも、緑に黄色を混ぜて黄緑色にしたり、青に赤を混ぜて紫色を作ってみたり。

この感覚は大人になった今もあって、ペンで文字を書いているときに「この青いインクの色、もうちょっと赤みがかっていたらいいのになぁ」とか、「茶色のニュアンスがある黒いインクが欲しいなぁ」と思うことがあります。

「好きな色のインクを作りたい」と思っていたら、とっても素敵なお店に出会いました。それが蔵前にある「ink stand by kakimori」です。

150619shop

ink stand by kakimori」は、自分でインクをブレンドして好きな色のオリジナルインクを作ることができるお店です。

店内には白と黒を基調としたカウンターがあって、まるでバーのよう。

Exif_JPEG_PICTURE

カウンターの奥にはカラフルなインクが入ったメスシリンダーやビーカーが整然と並んでいます。

Exif_JPEG_PICTURE

カウンターから後ろを振り返ると、インクや色見本がずらり。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

インクに囲まれたスタイリッシュな空間でスタッフの方にアドバイスを頂きながら、早速、インク作りをスタートしました。

カウンターには、16種類の原色インクや試し書き用のガラスペン、メモなどの「混色キット」が用意されています。

Exif_JPEG_PICTURE

まず、16種類の原色インクの中から好きな色を最大3色まで選びます。

Exif_JPEG_PICTURE

インクの組み合わせでどんな色ができるのかがひと目で分かる「混色サンプル」が用意されているので、初めての方でも安心です。

Exif_JPEG_PICTURE

ベースとなるインクを選んだら、小さなカップに1滴ずつ入れていきます。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

インクを入れたらガラスの棒で混ぜて、

Exif_JPEG_PICTURE

ガラスペンにインクを付けて試し書き。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

実際に書いた色を見ながら、「青をもう1滴増やしてみようかな」とインクの配合率を変えたり、原色インクを最初から選び直したり、納得いくまで何度でも試すことができます。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

試行錯誤した結果、私が選んだのは、American Blue、Purple Haze、Butter Cupの3色。

Exif_JPEG_PICTURE

インクの配合率を決めたらスタッフにオーダーします。

こちらが原色インクのボトル。アメリカの「プライベートリザーブ社」のインクを使用しているそうです。

Exif_JPEG_PICTURE

「プライベートリザーブ社」について、「ink stand by kakimori」のサイトにはこんな記載が。

創業者である、故Terry W. Johnsonは「何故、万年筆のインクには、黒、ブルーやレッドなどしかないのか。レインボーカラーのインクがあってもいいのではないか」と考え、それまでに無い色彩を持つ、同社のインク作りが始まりました。現在では53色を展開、世界中の万年筆ファンへ届けているそうです。“ink stand by kakimori”では、ショップのオープンにあたりプライベートリザーブ社へ訪問。コンセプトや思いを共有するパートナーとしてお付き合いを続けています。

「プライベートリザーブ社」と「ink stand by kakimori」の思いがしっかり伝わってきますね。

ここから先はスタッフの方におまかせ。私が決めた比率に基づいてスタッフの方がインクをブレンドしてくださいます。

原色インクをメスシリンダーに入れて、1色ずつブレンド。まずはAmerican Blueから。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

続いて、Purple Haze。スポイトで原色インクを吸い取って、メスシリンダーに入れたら、

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

ビーカーへ。

Exif_JPEG_PICTURE

最後は、Butter Cup。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

3色をブレンドしたインクはこんな色に。

Exif_JPEG_PICTURE

青みがかった落ち着いたグリーンのインクを作りたかったのですが、イメージ通りに出来上がりました。

メスシリンダーに残ったインクもとてもキレイです。

Exif_JPEG_PICTURE

ビーカーのインクを瓶に詰めて、

Exif_JPEG_PICTURE

ラベルを貼ったら完成!

Exif_JPEG_PICTURE

瓶の左にあるのはレシピカードです。インクの配合率が書いてあるので、リピートして注文したい場合は、このカードを持って行けばOK。これは嬉しいですね!

インクを作ったら万年筆も欲しくなったので、オリジナルの万年筆も一緒に買いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

金色のリング部分に「kakimori」と万年筆でくるくる書いた筆跡の刻印がしてあって、とってもおしゃれ。

万年筆は「頭の中にあることをつまづくことなく書き出せる」と言われるそうですが、それも納得の滑らかな書き味。細めな文字が書けるので、手帳から普段のノートまで幅広く使えそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

インクの入れ方も丁寧に教えてくださるので、初めて万年筆を使う私にも分かりやすかったです。

Exif_JPEG_PICTURE

先日ルーミーでもレポートした、カキモリさんでオーダーしたノートも一緒に使うと書く楽しさが倍増します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パソコンやスマートフォンの影響で、ペンや筆で文字を書く機会は減っています。だからこそ、書く時間を大切に、そして書くことを楽しみたいと思います。

その時に使うインクが自分でブレンドして作った好きな色だったら、書く機会は今よりもっと増えるかもしれません。

書く楽しさを広げてくれる自分色のインクを皆さんも作ってみませんか?

Exif_JPEG_PICTURE

ink stand by kakimori
Open:12:00~19:00
定休日:日・月・祝日

オーダーインク料金:税込2,160円/瓶
カキモリのオリジナル万年筆:税込3,240円
インク容量:約33ml

Photographed by 岡本英子

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense