いま、ママさんの間で「ベビーマギング」が流行しているそうです。

ベギーマギングとは、マグカップから赤ちゃんが飛びだしたように見える簡単なトリックショットのひとつ。遠近感をうまく利用して撮影しています。

@sebattie_and_mahattieが投稿した写真

最後は逆さまに!

マグカップがあれば誰でもできるとあって海外のSNSで大人気に。最近は日本でも「寝相アート」に引き続き、ちょっとしたブームになっています。

うちの子でも試してみたいって? そんなアナタのために「ベビーマギング」を上手に撮るためのポイントを3ステップで教えちゃいます!

ステップ1:窓際に寝かせる

000019047054

背景がゴチャゴチャしないように、子どもを寝かせた状態で撮ります。撮影場所は、自然光がキレイに入りこむ窓際がオススメ。光が強い場合は、レースのカーテンをひくと柔らかくなりますよ。

ステップ2:撮影は二人一組で

000019047049

ピントをしっかり合わせるためにも、マグカップを持つ人、撮影する人を分けるとスムーズ。子どものお気に入りのおもちゃを用意して、ご機嫌をとることも忘れずに!

ステップ3:ピントは子どもに!

000019290186

ピントは子どもの顔に合わせること。マグカップに合わせると、せっかくの子どもの表情がボケてしまいますよ。マグカップを持つ手を入れると、よりそれっぽく見えるはず。

ベビーマギングをもっと詳しく知りたい人は「withPhoto」が配信する「feel withPhoto」をチェックしてみてください。毎月2回、写真が楽しくなる撮影テクニックを紹介していますよ。

また、「withPhoto」ではベビーマギングのフォトコンテストも開催しています。

世界一かわいいわが子がマグカップの中に入るんだから、考えただけでも宇宙一かわいい写真になるはず…。

そんな全国のパパ&ママたちによって、熾烈な戦いが幕をあけるというわけです…。子どもの表情はもちろん、どんなマグカップを使うかも勝負の分かれ目になりそうです。

あなたも思い切って応募してみませんか? 詳細はコチラから。

withPhoto

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking